渡辺大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
渡辺 大陸
基本情報
出身地 兵庫県
生年月日 1901年7月8日
没年月日 1955年12月11日(満54歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

渡辺 大陸(わたなべ たいりく、1901年7月8日 - 1955年12月11日)は、兵庫県出身のプロ野球監督

来歴・人物[編集]

明治大学の剛球投手として活躍し[1]、台北交通団ではエースとして1931年第5回全日本都市対抗野球大会で準優勝に貢献[1]

戦後は1946年シーズン終了後、宇高産業社長の宇高勲から宇高レッドソックス監督として迎えられるが、チームは日本野球連盟に加盟を拒否された。その後宇高が会長となった国民野球連盟の発足に尽力した。1950年には大洋ホエールズの総監督(初代監督)に就任したが、総監督的な立場で実際の指揮は中島治康に任せていたという[1]。それでも勝率5割を超える好成績を残した[1]。翌年中島治康を監督に置き、退団。

のち、学習院大学監督に就任し、1955年に死去。

エピソード[編集]

明治大学時代は「ヨヤハッ、ヨヤハッ」と奇声を発しながら投球し、球速は非常に速かったと言われている。ただしコントロールは悪かったため、1922年早大戦では打者3人連続して死球で負傷に追いこみ、相手から恐れられた[2]

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1950年 昭和25年 大洋ホエールズ 5位 140 69 68 3 .504 31.0 111 .273 4.47 49歳

背番号[編集]

  • 50 (1950年 - 1951年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d [完全保存版] 草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球昭和の名将、ベースボール・マガジン社、2012年、P100
  2. ^ 武陽野球倶楽部. “9陽会 渡辺大陸氏”. 2010年6月27日閲覧。

関連項目[編集]