渡辺守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
渡辺守
時代 江戸時代
生誕 慶長15年(1610年
死没 不明
別名 通称:権兵衛
主君 徳川綱重
甲斐甲府藩
氏族 渡辺氏
父母 父:渡辺糺

渡辺 守(わたなべ まもる)は、江戸時代前期の武士徳川綱重の家臣。

略歴[編集]

渡辺氏源頼光の家臣・渡辺綱の後裔で、嵯峨源氏の伝統に従い、代々一字名を名乗った。

渡辺糺の長男として生まれ、父に連れられて大坂城へ入城する。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣で父は戦死したが、守は落城の折、乳母の手により城を脱出、京都南禅寺で出家する。

寛永5年(1628年)頃、細川忠興等の働きかけで還俗し、その後、徳川綱重に500石で仕えたという。