渡辺忻三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 忻三(わたなべ きんぞう、天保11年11月13日1840年12月6日) - 大正2年(1913年12月3日)は、幕末武士幕臣、明治の海軍技官である。最終階級は海軍機関少将は義訓。位階・勲等は正四位・勲五等双光旭日章

略歴[編集]

浦賀奉行所与力朝夷家の次男として生まれ、渡辺家の養子となった。戊辰戦争では軍艦役として回天丸に乗艦した。

維新後、明治5年(1872年)の横須賀造船所技術吏の中に主船中師(工部省主船寮九等出仕)、機械及修理船掛兼火夫支配として渡辺の名がある。横須賀造船所には箱館政権長鯨丸副艦長喰代和三郎、開陽丸船匠長上田寅吉や、浦賀奉行所出身の幕府海軍士官であった浜口興右衛門岩田平作岡田井蔵も在勤していた。

明治7年(1874年)に海軍兵学寮分校少教授、明治11年(1878年)に海軍兵学校附属機関学校校長心得となり機関学校の立ち上げと、機関士官の養成に尽力した。明治13年(1880年)海軍大匠司、明治19年(1886年)海軍一等技師、横須賀造船所機械科長兼督売部理事官を経て、海軍大技監、横須賀鎮守府造船部次長兼機械科長となる。明治22年(1889年)に休職、明治24年(1891年)に海軍機技総監(その後、明治29年(1896年)に海軍機関総監、明治39年に(1906年)海軍機関少将と改称)に進級、予備役となった。明治38年(1905年)11月1日に退役[1]。退官後は浦賀船渠の取締役となった。

長女俶江の夫の渡邊嘉一は土木技術者で東京石川島造船所(現・IHI)社長などを歴任。嘉一の妾腹の子は指揮者朝比奈隆

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6711号、明治38年11月10日。
  2. ^ 『官報』第712号「賞勲」1885年11月13日。

参考文献[編集]

  • 横須賀海軍工廠編『横須賀海軍船廠史』原書房、1979年。
  • 財産法人海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、第一法規出版、1995年。