渡辺文雄 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

渡辺 文雄(渡邉 文雄[1]、わたなべ ふみお、1929年1月8日 - 2020年3月7日)は、日本政治家。元栃木県知事(在任期間は1984年12月9日 - 2000年12月8日)。

来歴[編集]

栃木県出身。1953年3月、東京大学法学部を卒業、農林省に入省。食品流通局長や水産庁長官などを経て1984年7月に農林水産事務次官に就任。同年11月に事務次官を辞任し、同年12月9日に行われた船田譲知事の辞職に伴う栃木県知事選挙に立候補し当選。5期目を目指して立候補した2000年11月19日の栃木県知事選挙でわずか875票の差で前今市市長の福田昭夫に敗れた[2]。このとき、本人は選挙前日のTBSのローカルニュースでインタビューに応じ、「今回も圧勝でしょう」と豪語していた[要出典]

2020年3月7日、死去[3]。91歳没。死没日をもって従三位に叙される[1]

人物[編集]

栄典[編集]

2002年勲一等瑞宝章受章。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]