渡辺栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

渡辺 栄一(わたなべ えいいち、1918年10月11日 - 1997年6月16日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(10期)。

岐阜県美濃加茂市出身。名古屋高等商業学校(現・名古屋大学)卒業。1990年勲一等旭日大綬章受章。

来歴・人物[編集]

家業の酒造業・御代桜に従事した後、岐阜県太田町長を2期、1954年からは新たに誕生した美濃加茂市の初代市長を3期務めた。市長在任中の1963年、衆議院議員総選挙に旧岐阜2区から自民党公認で出馬し初当選(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄佐藤孝行藤尾正行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮など)。

以降連続当選10回したが、1972年第33回衆議院議員総選挙では、和良村が村ぐるみで渡辺を支援した結果、村長、助役、村議会議長、村議らが選挙違反で逮捕され、村議会も自主解散に追い込まれるという事件も発生した[1]

国会議員時代には船田中に師事し、船田派のメンバーであった。船田中が亡くなった後には竹下登率いる経世会に所属した。

1979年11月、第2次大平内閣建設大臣として初入閣。1993年政界引退。

1997年6月16日、肺炎のため死去。享年78。

長男は元・美濃加茂市長の渡辺直由

脚注[編集]

  1. ^ 「村議会が自主解散」『朝日新聞』昭和48年(1973年)1月17日夕刊、3版、9面