渡辺桃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺桃
Momo Watanabe
渡辺桃 Momo Watanabeの画像
プロフィール
リングネーム 渡辺桃
ニックネーム スターダム・トゥルーハート[1]
怒れるJKファイター
身長 156cm[2]
体重 55kg[2]
誕生日 (2000-03-22) 2000年3月22日(19歳)[2]
出身地 神奈川県相模原市[2]
所属 スターダム
スポーツ歴 ソフトボール[2]
トレーナー 風香
デビュー 2014年11月16日
彩羽匠
テンプレートを表示

渡辺 桃(わたなべ もも、2000年3月22日[2] - )は、日本の女子プロレスラー神奈川県相模原市出身[2]スターダム所属[1]

所属[編集]

来歴[編集]

2014年
2016年
  • 11月20日 - 新木場大会にてタッグを組んでいた岩谷麻優を裏切り紫雷イオ&HZKのユニット「Queens Quest」に合流。
2017年
2018年
2019年
  • 2月2日、京都・KBSホールにて、ワンダー・オブ・スターダム王座防衛戦でジェイミー・ヘイターと対戦。古傷の右膝を狙われて序盤は苦戦するが、中盤以降を持ち直し、最後は20分43秒にピーチサンライズでフォール勝ち。10度目の防衛に成功し、紫雷イオの最多防衛記録に並んだ。[6]

得意技[編集]

テキーラ・サンライズ
左腕をチキンウィングに固めた形で、自分の右腕をハーフネルソン風に回した上で相手の右手首も掴んで頭部脇にロック、そのまま後方へ反り投げホールドする。開発者は尾崎魔弓
ピーチ・サンライズ(変形テキーラ・サンライズ)
背後から相手の右腕をハーフネルソンで捕らえながらリストクラッチし、さらに左腕を相手の股下でクラッチして後方へ反り投げるテキーラ・サンライズの進化版。2018年5月23日後楽園ホール大会におけるワンダー・オブ・スターダム王座・対紫雷イオ戦で初披露。当時同王座の絶対的王者だった紫雷イオ攻略の為に編み出したオリジナル技であるが、技のヒントはその紫雷イオ自身が与えたもの[7]
Fクラッシュ
肩の上に相手を乗せるようにして担ぎ上げ、左右に振って、スクラップバスターで叩きつける。
蒼魔刀
仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にして相手と距離をとって助走してジャンプしながら両膝を突き出すように両膝を折り畳み、突き出した両膝を相手の顔面目掛けて叩き込む。ランニング式の他、コーナーからのダイビング式も使用。後述するテキーラ・サンライズ習得までは主にフィニッシャーとして使用していた。
コンプリート・ショット
スイングDDT
ミドルキック
エルボー
スリー・アミーゴス
クラッチを離さず3連続で投げるブレーンバスター
ドロップキック
裏投げ
チキンウイングフェースロック
Bドライバー
タックルで相手を担ぎ上げてから、両足を脇に固定しなおして真っ逆さまに落とす。タッグパートナーだった開発者の美闘陽子引退に伴い継承した。

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • Fresh!
  • Dark Peach


人物[編集]

  • 同じQQのメンバーであるAZMと仲が良く二人のタッグを桃AZという(2019年タッグリーグ出場)
  • プロレスを始める前は小学校1年生の頃からソフトボールをしており、中学生の頃に県大会で3位となる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺 桃 | 株式会社スターダム」『株式会社スターダム』。2018年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 2014年11月16日 第4回GODDESSES OF STARDOM~タッグリーグ戦~最終戦”. 株式会社スターダム (2014年11月16日). 2014年11月17日閲覧。
  3. ^ 2014年11月5日 プロテストに三村と渡辺が合格!”. 株式会社スターダム (2014年11月5日). 2014年11月17日閲覧。
  4. ^ “スターダム 女優と14歳中学生が合格”. デイリースポーツ. (2014年11月6日). http://www.daily.co.jp/ring/2014/11/06/0007479368.shtml 2014年11月17日閲覧。 
  5. ^ 2014年12月7日 ルーキー・オブ・スターダム2014”. 株式会社スターダム (2014年11月5日). 2015年11月16日閲覧。
  6. ^ 『週刊プロレス』NO.1997 2019年2月20日号 p.114-115
  7. ^ 『週刊プロレス』NO.1996 2019年2月13日号 p.37