渡辺武三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺 武三
わたなべ たけぞう
生年月日 1922年10月10日
出生地 愛知県碧海郡刈谷町
没年月日 (1982-04-23) 1982年4月23日(59歳没)
死没地 東京都港区
出身校 豊田工科青年学校
所属政党 民社党

日本の旗 衆議院議員
選挙区 愛知4区
当選回数 5回
在任期間 1969年12月29日 - 1982年4月23日

挙母市議会議員
当選回数 1回
在任期間 1955年 - 1959年
テンプレートを表示

渡辺 武三(わたなべ たけぞう、1922年10月10日 - 1982年4月23日)は、日本政治家民社党衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市小垣江)の三州瓦を扱う商家に生まれる[1]。11歳のときに父親を亡くす[2]。1938年に豊田自動車工業株式会社に就職。1943年、豊田工科青年学校(現・トヨタ工業学園)を卒業。

徴兵され、中国大陸各地を転戦した。1946年、復員。1948年3月に全日本自動車産業労働組合が結成されると、同組合東海文部の法規対策部長に就任。1955年から挙母市(現・豊田市)議会議員を1期務めた[2][1]

1966年9月から1969年8月までトヨタ自動車労働組合委員長を務めた[3]

トヨタ労組は長く日本社会党伊藤好道ならびに伊藤よし子を支持してきたが、1967年1月の総選挙で伊藤よし子は4位当選の中野四郎と356票の小差で落選。この敗北はトヨタ労組にとって、社会党と決別し民社党支持へ移行するきっかけとなった。

1968年7月の第8回参議院議員通常選挙愛知県選挙区で、トヨタ労組は社会党現職の成瀬幡治と民社党新人の金子正輝を並列推薦。最重点候補とした金子は落選[4]

同年6月、トヨタ労組は次期衆院選で民主社会党の候補者を推すことを決定。渡辺は同党の西村栄一春日一幸書記長に説得され、入党[1]。社会党が名鉄労組出身の太田一夫を統一候補としたこともあり、同年8月、民主社会党およびトヨタ労組は渡辺擁立を決定[5]

1969年11月、民主社会党は民社党に改称。同年12月の第32回衆議院議員総選挙に旧愛知4区から出馬し初当選した。

1980年の第36回衆議院議員総選挙まで5回連続当選。

1982年4月23日、議員在任中に慈恵医大病院において死去。59歳没。

渡辺の後継には、トヨタ自動車労働組合副委員長を務めた伊藤英成[3]が選ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 衆議院会議録情報 第096回国会 本会議 第21号
  2. ^ a b 中日新聞』1969年12月11日付朝刊、三河版、8面、「こんにちは候補です (下)」。
  3. ^ a b トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|労使関係|歴代三役・組合員数の推移
  4. ^ 中日新聞社会部編『あいちの政治史』中日新聞本社、1981年10月29日、298-299頁。
  5. ^ 中日新聞社会部編『あいちの政治史』中日新聞本社、1981年10月29日、303頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』 衆議院、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年10月27日。ISBN 4-8169-1805-1。