渡辺知雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 知雄(わたなべ ともお、1883年明治16年)7月16日[1]1946年昭和21年)11月29日[2])は、日本外交官静岡県三島市長

経歴[編集]

静岡県出身。1907年(明治40年)に早稲田大学政治経済科を卒業し、翌年に外務省に入省した[1]1912年(明治45年)に外務書記生となり、バンクーバー領事館に勤務した[1]1917年大正6年)より中華民国に駐在し[1]1919年(大正8年)には広州副領事となった[3]。翌年、ロンドン副領事に転任[1]1922年(大正11年)、ボンベイ(現在のムンバイ)総領事に就任し、1927年(昭和2年)からニューオーリンズ総領事に転じた[1]1932年(昭和5年)よりハバナ領事となり、さらにマニラ総領事を務めた[4]

その後、国際学友会常務理事となった[5]

1945年(昭和20年)には三島市長に選出された。1946年11月、在任中に病のため死去した[2]

著書[編集]

  • 『自分の観たる印度紡績』(大日本紡績聯合会、1927年)

親族[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十二年版』 日本官界情報社、1936年