渡辺蕗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

渡辺 蕗子(わたなべ ふきこ、1963年3月28日 - )は、日本のピアニスト作曲家アレンジャーシンガーソングライターサウンド・プロデューサー、イベント・プロデューサー、神奈川県川崎市出身。父は日本大学理工学部電気学科元教授(2011他界)。4人弟妹の長女。

概要[編集]

天性の絶対音感を活かして、中学・高校・大学在学中から、音楽活動に入る。1982年夏のニュー・ウェイヴバンド「ショコラータ」結成に2ndキーボーディストとして参加[1]以降、プロとして本格的な活動に入り、女性では珍しいバンドマスターとして同バンドのライブのための楽曲、デビュー・シングル 、デビューLP、ビデオの楽曲の多くを担当する[2]1986年坂本龍一が音楽監督を務めた映画「子猫物語」(同年7月12日公開)のサウンドトラックに作曲者として参加[3]するなど、同年9月のショコラータ解散前後からソロでの活動を始める。また、楽曲提供など、他のアーティストへのサポートも手がけ、FUKICOS OPERARIA、世紀末のアフロディテ達他、女性ながらも数々のイベント・プロデュースも手がける。ライブでは様々なアーティストとのコラボレーションに取り組んでいる。Last Waltz

経歴[編集]

  • 日本大学芸術学部音楽学科(作曲)入学後、早稲田大学のオリジナル中心のバンドサークル「Modern Music Troop」(MMT、1960年創立)に参加[2]
  • 1982年夏、ニュー・ウェイヴバンド「ショコラータ」結成に参加。以来、ライブのための楽曲、カセット・マガジン TRA のスペシャル・イシュー「ショコラータ」(1983年10月発売)、デビュー・シングル 「いつか見た青空」(1985年6月、KINGレコード)、デビューLP「ショコラータ」(同年6月、Kingレコード)、ビデオ「黒い月のニーナ」(1985年7月、 WAVE)の音楽監督を担当する[2]
  • 1984年2月公開の吉川晃司デビュー映画「すかんぴんウォーク」(大森一樹監督、宮川泰音楽)の音楽制作に参加[2]
  • 1986年、坂本龍一が音楽監督を務めた映画「子猫物語」(同年7月12日公開)サウンドトラックに作曲者と編曲者として参加。同年9月のショコラータ解散とともにソロでの活動を始め、イベントの音楽、CM・テレビ番組の主題歌・音楽のプロデュースを手がける。
  • 1988~NHK「JUST POP UP」主題歌、エンディングテーマ及びジングルも含め担当。
  • 1989年三上博史のセカンドアルバム「ORGA'N」(同年12月21日発売、ビクターエンタテインメント)に、「腸肉」、「風の追憶」、「回帰線」の三曲の作編曲・サウンド・プロデュースで参加[4]
  • 1990年以前から「THE THRILL」にバンドマスターとして結成。同年の坂本龍一・矢野顕子夫妻(当時)の渡米の際に、矢野が愛用していたグランドピアノを譲り受ける。その後、躁鬱病発病、入退院を繰り返す。双極性障害との診断を受ける。
  • 1993年、「FUKICOS OPERARIA」スタート。以後、渋谷ジァン・ジァン、南青山マンダラ等で、MAGUMI覚和歌子窪田晴男甲田益也子、杉本恭一、清水ミチコ戸川純、天野小夜子、小川美潮ら多彩なゲストを迎えて続行中[2]
  • 1994年松江潤のCD「WORK OUT EP」(同年9月21日発売)に参加。
  • 2000年窪田晴男とのユニット「柿生音楽会議」を結成[2]
  • 2002年頃、ロック・スカを中心として活動してきたグループ「レピッシュ」のボーカリスト・MAGUMIと「Venus & Mars」を結成。後に、いしだ壱成が加入。
  • 2008年6月、自宅録音による「Venus & Mars」のアルバム「Blueprint」をリリース。
  • 2010年3月29日、 Birthday LIVEを南青山マンダラで開催。同年7月25日には藤井丈司と、8月17日には佐久間正英&unuspected monogram[5]と南青山マンダラでのライブで共同プロデュース共演。同年11月、Ustreamでピアノの練習風景等の配信を始める。
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて直後、地元でチャリティコンサート主催。ふんばろう東日本と連携して被災地の子供達の為にクリスマスCDR非売品ボランティア制作のトップとして参加。
  • 2012年から2013年にかけて「渡辺蕗子& fukicos」のライヴを村松邦男、大政和寛、Dr.Tommy、大久保敬、古田たかしらのメンバーとともに神戸であのFRYING DUTCHMAN[2]とも共演。

人柄: 渡辺蕗子は多くのブレーンやアーティストとの友人繋がりを持っている不思議な存在である。何度も躁鬱病(双極性障害)などで入退院を繰り返しながらも今なお音楽シーンで頑固たる美意識とセールスや売り上げはないに等しいはずなのに信頼、人望がある。SOLOアルバムもリリースしていないにもかかわらず1部のマニア的な評価や人柄の人気がここに来て認められ始めている[6]いしだ壱成のブログによると渡辺蕗子は電磁波や宇宙の波動の話などのエピソードがある[7]

関連人物[編集]

出典[編集]