渡辺親綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
渡辺親綱
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年(1727年
死没 寛政元年8月23日1789年10月11日
改名 松之助(幼名)→親綱
別名 通称:数馬、主水
主君 徳川宗直宗将重倫治貞
紀州藩
氏族 三河渡辺氏
父母 父:渡辺豊綱、養父:渡辺則綱
戴綱(次男)、伊達正博

渡辺 親綱(わたなべ ちかつな)は、江戸時代中期の紀州藩士。渡辺主水家4代当主。

略歴[編集]

享保12年(1727年)、紀州藩士・渡辺豊綱の子として誕生した。享保15年(1730年)に豊綱が死去した際、松之助(親綱)は幼いため、家督は叔父・則綱が相続し、その嫡子となる。寛保2年(1742年)、則綱の死去により家督と知行2000石を相続する。寛保3年(1743年)、大寄合となる。

寛延2年(1749年)、年寄の列に加えられ1000石の加増を受け、江戸で勤務する。同月、番加判となる。寛延3年(1750年)、母里藩松平家(松平直員)の挟箱持が渡辺家の列を通り抜けようとして、馬に挟箱の棒を当てて驚かせ、無礼に怒った渡辺家の馬丁が、脇差で挟箱持を斬殺する事件が起こる。幕府への遠慮で、加判の列を免じられ、国元に帰される。後、再び加判に列する。

寛政元年(1789年)8月23日死去。享年63。家督は次男の戴綱が相続した。三男の正博は、伊達源左衛門正賀の養子となり家老を務め、従五位下・但馬守に叙任、3300石に加増を受けた。

出典[編集]

  • 「南紀徳川史」