渡辺誠 (料理人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 誠(わたなべ まこと、1948年 - 2003年1月21日)は日本の料理人。元宮内庁管理部大膳課厨司。

経歴[編集]

1948年東京都生まれ。プリンスホテルフランス料理シェフを経て1970年に宮内庁管理部大膳課に厨司として勤務。1989年にフランス料理赤アカデミー会員に入会。1996年に退職。その後、くらしき作陽大学食文化学講師。2003年に死去。

東宮の料理番[編集]

宮内庁管理部大膳課では西洋料理を担当。昭和天皇、第125代天皇上皇明仁徳仁の三代に仕えた。1988年から主厨としては皇太子の「料理番」を勤めた。

著書[編集]

  • 殿下の料理番(2000年)小学館小学館文庫〉ISBN 4-09-404165-6
  • もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学(2001年)角川書店〈角川Oneテーマ21〉ISBN 978-4-04-704019-9
  • 昭和天皇日々の食(2007年)文藝春秋 ISBN 978-4-16-359670-9
  • 渡辺誠のフランス料理のおいしい常識(平凡社
  • とっておきのごちそうレシピ 講談社のお料理BOOK おしゃれな食卓とお手頃ワイン(講談社

寄稿[編集]

  • 『文藝春秋』2003年2月号「初公開 昭和天皇日々の献立」

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]