渡辺金造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 金造(わたなべ きんぞう、1874年明治7年)7月27日)- 1965年昭和40年)5月23日)は、日本の陸軍軍人歴史家陸軍中将。号は刀水。退役後、埼玉県出身人物や国学者の事蹟を中心とした研究に没頭した。

経歴[編集]

群馬県出身。1897年(明治30年)11月、陸軍士官学校(9期)を卒業し、翌年6月、歩兵少尉に任官。1901年(明治34年)10月、陸軍大学校(18期)に入学するが、日露戦争のため1904年(明治37年)2月に中退。戦後、1906年(明治39年)3月、陸大に復校し、同年11月に卒業し、第13師団参謀となる。

1918年(大正7年)7月、歩兵大佐に昇進し歩兵第12連隊長に就任。1919年(大正8年)7月、第18師団参謀長に転じた。

1922年(大正11年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第40旅団長に就任。1924年(大正13年)2月、台湾軍参謀長に就任。

1927年(昭和2年)7月、陸軍中将に進み下関要塞司令官となる。1928年(昭和3年)8月に待命、そして予備役編入となった。

栄典[編集]

位階
勲章等

著書[編集]

  • 『安藤野鴈集』、上田泰文堂、1934年
  • 武島嘉三郎共編『侯爵久邇邦久伝』、飯田七三郎、1937年
  • 『埼玉図書館叢書』、埼玉県立図書館、1932年 -
  • 碧蹄戦史 附幸州の戦蔚山の戦』、明隣堂、1938年
  • 平田篤胤研究』、六甲書房、1942年
  • 鳩ヶ谷三志』、文進社、1942年
  • 『平田篤胤と夫人』、弘学社、1944年
  • 『渡辺刀水集』<日本書誌学大系47>、青裳堂書店、1985年 - 1989年
    1. 「近世名家手簡集」
    2. 「安藤素軒と年山」「荷田東丸大人」「明石景文亀蔵」「大寂庵立綱」「畠山梅軒」「黒沢翁満 - 藐姑射秘言の著者」「山東京伝と黒沢翁満との交渉」「井上文雄の筆禍」「松の門三艸子の逸話」
    3. 「村田春門日記鈔 文政五年壬午 - 天保五年甲午」
    4. 「歌人としての太田道灌」「安部摂津守信友の遺言書」「関東郡代伊奈熊蔵忠次」「松窓関脩齢」「武蔵志の著者福嶋東雄」「根岸典則 - 武州青梅の学者」「渡辺荒陽」「西沢曠野と其子孫」「若林嘉陵 - 秩父の儒者」「桑原北林」「大宮司栗原茂景」「森玄黄斎 - 秩父の畸人」「森玄黄斎余録」「戸井田研斎」「久永松陵」「斎藤多須久」「秩父志の著者大野玄鶴」「北越の志士星野米峰」
    5. 「鳩谷三志」「安藤野鴈」

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第263号「叙任及辞令」1927年11月12日。
  2. ^ 『官報』第7808号・付録「辞令」1909年7月6日。
  3. ^ 『官報』第1620号「叙任及辞令」1917年12月25日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。