渡辺高光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わたなべ たかみつ
渡辺 高光
本名 渡部 高璋
別名義 大沢 萬之价
生年月日 (1932-02-02) 1932年2月2日(86歳)
出身地 日本の旗, 東京府
職業 俳優殺陣師
主な作品
テレビドラマ
スペクトルマン
鬼平犯科帳

渡辺 高光(わたなべ たかみつ、1932年2月2日[1] - )は、日本の元俳優殺陣師。本名、渡部 高璋[1]

東京府出身[1]学習院大学卒業[1][2]

来歴・人物[編集]

日活出身[1]新東宝などで脇役として活動したのち、1964年テレビドラマ『戦国群盗伝』で知り合った日本大学の「殺陣同志会」メンバー・きくち英一らと「ジャパン・ファイティング・アクターズ(JFA)」を創設し[3]、俳優・殺陣師として活動する。やがて、メンバー間での意見の相違からJFAは解散し[4]、その後は中村プロダクションに所属[1]。芸名を「大沢 萬之价」(おおさわ まんのすけ)に改め[1]1980年代前半まで数多くの映画、テレビドラマに出演していた。

特技は、空手(初段)[1]乗馬[1]

宇宙猿人ゴリ』(のちに『スペクトルマン』に改題)で共演した成川哲夫は、渡辺は九州地方の出身であるが、『スペクトルマン』の劇中のような九州訛りはなかったと記している[5]。成川とともに『宇宙猿人ゴリ』で共演した小西まち子は渡辺について「物静かな人という印象がある」と述懐している[6]

出演[編集]

映画[編集]

  • 群衆の中の殺人(1958年、新東宝) - 与太者
  • 重臣と青年将校 陸海軍流血史(1958年、新東宝) - 刺客
  • 裸女と殺人迷路(1959年、新東宝) - 佐藤刑事
  • 女間諜 暁の挑戦(1959年、新東宝) - 富山憲兵軍曹
  • 女吸血鬼(1959年、新東宝)
  • 決闘 不動坂の大仇討(1959年、新東宝) - 川部哲之助
  • 貞操の嵐(1959年、新東宝) - 山野証券の所員
  • 隠密変化(1959年、新東宝) - 徳川家光
  • 双竜あばれ雲(1959年、新東宝) - 杉丸
  • 復讐秘文字峠(1959年、新東宝) - 石井長一郎
  • 嵐に立つ王女(1959年、新東宝) - 情報屋
  • 静かなり暁の戦場(1959年、新東宝) - 下士官B
  • 九十九本目の生娘(1959年、新東宝) - 矢吹勇次郎
  • 若君漫遊日本晴れ 善光寺黄金道中(1959年、新東宝)
  • 婦系図 湯島に散る花(1959年、新東宝) - 巡査
  • 明治大帝と乃木将軍(1959年、新東宝) - 軍人
  • 人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男(1959年、新東宝) - 弥七
  • 競艶お役者変化(1960年、新東宝) - 赤間左馬之介
  • 爆弾を抱く女怪盗(1960年、新東宝) - 河島高光
  • 地下帝国の死刑室(1960年、新東宝) - 竹田
  • 肉体の野獣(1960年、新東宝) - 鉄
  • 御存知黒田ぶし 決戦黒田城(1960年、新東宝) - 松之助
  • 黒い乳房(1960年、新東宝) - 三木
  • スパイと貞操(1960年、新東宝) - 中谷
  • 怪談 海女幽霊(1960年、新東宝) - 枠大吉
  • 拳銃と驀走(1960年、新東宝) - 渡辺
  • 地獄(1960年、新東宝)
  • 少女妻 恐るべき十六才(1960年、新東宝) - 国松
  • 激闘の地平線(1960年、新東宝) - 愚連隊A
  • 男の世界だ(1960年、新東宝) - 筆川
  • 東海道非常警戒(1960年、新東宝) - 野村
  • 地平線がぎらぎらっ(1961年、新東宝) - 看守A
  • 東京湾の突風野郎(1961年、新東宝) - 黒田
  • 暗黒街の静かな男(1961年、日活) - 他A
  • どじょっこの歌(1962年、日活) - 用心棒A
  • 嫉妬(1962年、大映) - 小山繁夫
  • 俺が裁くんだ(1962年、大映) - 河村
  • 悲しみはいつも母に(1962年、大映) - 山田刑事
  • 怒濤一万浬(1966年、東宝
  • 007は二度死ぬ(1967年)
  • 100発100中 黄金の眼(1968年、東宝) - 部下G
  • コント55号 人類の大弱点(1969年、東宝) - 黒田の支配下の若い者B 
  • 野獣都市(1970年、東宝) - 男
  • 喜劇 三億円大作戦(1971年、東宝)
  • 3000キロの罠(1971年、東宝) - 男
  • ゴジラ対メガロ(1973年、東宝)
  • ゴジラ対メカゴジラ(1974年、東宝) - 黒沼の部下A
  • 野獣死すべし 復讐のメカニック(1974年、東宝)
  • 日蓮(1979年、松竹) - 北浦忠吾

テレビドラマ[編集]

  • テレビ指定席 / ドブネズミ色の街(1963年、NHK
  • チャンピオン太(1963年、CX
    • 第19話「呪いの空手打」 - 青山
    • 第26話「たくましき前進」 - 鬼塚
  • 戦国群盗伝(1964年、CX)
  • 忍者部隊月光 (CX)
    • 第17・18話「こうもり作戦 - 前・後篇 -」(1964年) - ヘンドリック
    • 第62・63話「ミリオン・キー作戦 - 前・後篇 -」(1965年) - マキューラ四十五号
    • 第76・77話「ブルー・サファイア作戦 - 前・後篇 -」(1965年) - エース
    • 第84・85話「マジックドラゴン作戦 - 前・後篇 -」(1965年) - レオ
    • 第115・116話「鏡の家作戦 - 前・後篇 -」(1966年) - シャンパー(幻35号)
  • 甲州遊侠伝 俺はども安(1965年、CX)
  • 丹下左膳(1965年 - 1966年、TBS) - 山口甚三郎
  • 泣いてたまるか(TBS)
    • 第9話「おお独身くん!」(1966年)
    • 第36話「まんが人生」(1967年)
    • 第68話「吹けよ春風」(1968年)
  • 怪獣王子(1967年 - 1968年、CX) - 久世空幕
  • コメットさん(1967年、TBS)
  • 平四郎危機一発 第26話「脅迫者を追え」(1968年、TBS)
  • 昔三九郎(1968年、NTV
  • 戦え! マイティジャック(1968年、CX)
    • 第4話「とられたものはとりかえせ!!」 - R2号
    • 第6話「マイティー号でぶちかませ!」 - Q2号
    • 第11話「消えた王女の謎を解け!!」 - R1号
    • 第23話「殺し屋レディをマークしろ!」
  • 日本剣客伝 / 堀部安兵衛(1968年、NET
  • 仇討ち 第4話「敵討ち母子連れ」(1968年、TBS)
  • ザ・ガードマン (TBS)
    • 第188話「空中強盗」(1968年)
    • 第326話「年上の妻の華やかな犯罪」(1971年)
  • オレとシャム猫 第20話「道頓堀(トンボリ)のドラ猫がやって来た!」(1969年、TBS)
  • 無用ノ介(1969年、NTV)
  • 女殺し屋 花笠お竜(1969年 - 1970年、12ch
  • スペクトルマン(1971年 - 1972年、CX) - 加賀信吉[注 1]
  • 快傑ライオン丸(1972年 - 1973年、CX)
    • 第16話「忍びよる魔の手 怪人メレオンガ」 - 八郎太[注 2]
    • 第24話「ライオン飛行斬り対怪人トビムサシ」 - ドクロ仮面
    • 第36話「折れた槍 怪人ハチガラガ」 - 小猿
  • 子連れ狼 第1シリーズ 第17話「雲龍風虎」(1973年、NTV)
  • 流星人間ゾーン 第21話「無敵! ゴジラ大暴れ」(1973年、NTV) - ガロガバラン星人
  • 荒野の用心棒(1973年、NET)
    • 第6話「鮮血は魔の谷を染めて…」
    • 第19話「女囚は残酷の沼に沈んで…」
  • 江戸を斬る 梓右近隠密帳 第5話「和蘭陀囃子の謎」(1973年、TBS)
  • 大江戸捜査網 (12ch)
    • 第131話「火を招く狼の群」(1974年)
    • 第298話「お化け屋敷に消えた美女」(1977年)
    • 第305話「十手に賭けた同心悲哀」(1977年)
    • 第371話「笑いを売る謎の男」(1978年)
  • 事件狩り 第7話「魔がさした若い二人」(1974年、TBS)
  • 夜明けの刑事 (TBS)
    • 第3話「隣りの家の秘密」(1974年)
    • 第61話「死者への花は絶やさない!!」(1976年)
  • バトルホーク 第8話「父と母に誓う」(1976年、12ch) - 楯正一郎
  • 新・必殺仕置人 第17話「代役無用」(1977年、ABC) - 米八
  • 気まぐれ本格派 第1話「カッパの里帰り」、第2話「兄貴の掌は熱かった」(1977年、NTV)
  • 赤穂浪士 第2話「刃傷 松の大廊下」(1979年、ANB) - 富森助右衛門
  • 探偵物語 第11話「鎖の街」(1979年、NTV) - 野瀬
  • 江戸の牙 第4話「逆転! 八万両の行方」(1979年、ANB)
  • 西部警察 第8話「拳銃シンジケート」(1979年、ANB)
  • 鬼平犯科帳 (ANB) - 小柳安五郎
    • 第1シリーズ(1980年)
    • 第2シリーズ(1981年)
  • 新五捕物帳(NTV)
    • 第117話「情け深川祭り唄」(1980年)
    • 第167話「宿命に泣いた女」(1981年)
  • 旅がらす事件帖 第4話「俺もお前もはぐれ鳥」(1980年、KTV
  • 長七郎天下ご免! 第70話「笛に情けの花が散る」(1981年、ANB) - 鉄造
  • それからの武蔵(1981年、TX) - 青木粂右衛門
  • 竜馬がゆく(1982年、TX)
  • 柳生新陰流(1982年、TX)

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本編の擬斗と兼任[7]
  2. ^ 声は八奈見乗児が担当。
  3. ^ 第13話まで。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日本タレント名鑑'80』 VIPタイムズ社、1979年、222頁。
  2. ^ ヒーロー列伝 1, p. 223.
  3. ^ きくち英一 『ウルトラマン・ダンディー 帰ってきたウルトラマンを演った男』 藤川裕也、木原浩勝 構成・編、風塵社1995年、20-21頁。ISBN 4-938733-19-6。
  4. ^ 破李拳竜 『ザ・スーツアクター 特撮ヒーローを演じた男たち』 ソニー・マガジンズ1999年、22頁。ISBN 4-7897-1442-X。
  5. ^ ヒーロー列伝 1, p. 55.
  6. ^ ヒーロー列伝 1, p. 86.
  7. ^ ヒーロー列伝 1, p. 39.

参考文献[編集]

  • 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』 ソニー・マガジンズ1999年12月1日。ISBN 4-7897-1443-8。