渥美湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
渥美湾
Mikawa Bay Aichi Japan SRTM.jpg
場所 愛知県
河川 豊川
海洋 三河湾
日本の旗 日本

渥美湾(あつみわん)は、愛知県南部[1][2][3]または南東部[4]にある、三河湾東部を占める[4][1][2][3]渥美半島に囲まれている[4][1][2][3]

地理[編集]

蒲郡市の竹島

三河湾西部の知多湾を対をなしており[3]知多半島南端の羽豆岬と矢作古川河口西方の生田鼻を結ぶ線が渥美湾と知多湾の境界となっている[2]

湾内の竹島、やや内陸の三ヶ根山などの景勝地があり[1]蒲郡市近辺や渥美半島北岸には海水浴場が多い[2]。島嶼、砂浜、岩石海岸など景観の変化に富み、内湾のため波は穏やかである[3]三河湾国定公園に含まれる[1][4][2][3]

地形は浅い海盆状であり、豊川水系から続く中央構造線が湾の中央部を東西に走っている[3]。中央構造線以北は花崗岩が卓越し、中央構造線以南の姫島は蛇紋岩、竹島や三河大島は片麻状花崗岩が卓越している[3]。渥美半島先端部にはかつて西山砂丘があった[3]

主な流入河川[編集]

経済[編集]

渥美湾の東部、海抜5メートル以下の浅海は埋め立てられて工業地帯となった[3]。今日では渥美湾の海域の約半分が三河港の港域であり、三河港は1964年に重要港湾に指定されている[3]。三河港の周囲の豊橋市田原市には自動車造船などの工場が立地しており[2]トヨタ自動車田原工場、アイシン・エィ・ダブリュ田原工場、フォルクスワーゲン グループ ジャパン本社、メルセデス・ベンツ日本、プジョー・シトロエン・ジャポン豊橋VPC、ボルボ・カー・ジャパン豊橋VDC、フォード・ジャパンジャガーランドローバー・ジャパンなどが立地している。

かつて浅海部では海苔アサリの養殖がおこなわれ[4]、全国有数のノリ養殖地として知られたが、1972年には東三河臨海工業地域の埋立によって養殖地の大半が消滅した[1]。湾内では沿岸漁業がおこなわれている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  2. ^ a b c d e f g 『日本の地名がわかる事典』講談社
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『日本大百科全書』小学館
  4. ^ a b c d e f 『デジタル大辞泉』小学館