温泉村 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
温泉村
廃止日 1921年4月10日
廃止理由 分割
温泉村鳴子町川渡村
現在の自治体 大崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
玉造郡
隣接自治体

宮城県
玉造郡鬼首村西大崎村一栗村
栗原郡花山村長崎村
加美郡宮崎村広原村

山形県
最上郡東小国村
温泉村役場
所在地 宮城県玉造郡温泉村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

温泉村(おんせんむら)は、大正10年(1921年)まで宮城県玉造郡の西部にあった村。 現在の大崎市鳴子温泉にあたる。

地理[編集]

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、鳴子村・大口村・名生定村の計3か村が合併して温泉村が発足。
  • 大正10年(1921年)4月10日 - 温泉村を廃止。旧鳴子村域が鳴子町に、旧大口・名生定村域が川渡村となる。

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 遊佐正右ェ門 明治22年(1889年)4月22日 明治24年(1891年)4月20日
2 浜田矩介 明治25年(1892年)7月20日 明治26年(1893年)7月27日
3 片倉利惣太 明治26年(1893年)8月5日 明治28年(1895年)1月5日
4 菅原東吾 明治32年(1899年)1月22日 明治35年(1902年)10月8日
5 吉田庄吉 明治36年(1903年)7月9日 明治39年(1906年)3月30日
6 藤島吉郎右衛門 明治42年(1909年)4月25日 大正2年(1913年)6月16日
7 鈴木斉 大正3年(1914年)4月22日 大正4年(1915年)11月9日
8 高橋繁三郎 大正4年(1915年)11月10日 大正8年(1919年)9月29日
9 高橋新治郎 大正9年(1920年)3月4日 大正10年(1921年)4月9日

交通[編集]

鉄道[編集]

参考文献[編集]

  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958)

関連項目[編集]