測位・地理情報システム等推進会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

測位・地理情報システム等推進会議(そくい・ちりじょうほうしすてむとうすいしんかいぎ)は、1995年9月26日に設置された地理情報システム(GIS)関係省庁連絡会議を発展的に継続する形で、2005年9月12日内閣官房長官決裁により内閣官房に設置された会議である。

2008年6月5日に地理空間情報活用推進会議と改名された[1]。関係する省庁は、内閣府総務省文部科学省経済産業省国土交通省警察庁法務省外務省財務省厚生労働省農林水産省環境省防衛省である。

目次

設置目的

測位・地理情報システム等において、

  • 関係行政機関相互の緊密な連携・協力を確保するため
  • 総合的かつ効果的な推進を図るため

主な決定

  • GIS関係省庁連絡会議の時期[2]
    • 1996年 - 国土空間データ基盤の整備及びGISの普及の促進に関する長期計画
    • 2002年 - GISアクションプログラム2002-2005
  • 測位・地理情報システム等推進会議の時期
  • 地理空間情報活用推進会議の時期
    • 2008年 - 地理空間情報の活用推進に関する行動計画(G空間行動プラン)

関連項目

典拠

  1. ^ 地理空間情報活用推進会議
  2. ^ 地理情報システム(GIS)関係省庁連絡会議

今日は何の日(7月20日

もっと見る