測候所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

測候所(そっこうじょ)は、気象庁管区気象台の下部組織に当たる地方機関であり、その地方における気象の観測を行い、天気予報暴風警報などを発したり、また地震火山噴火)などの観測を行う場所をいう[1]。1日8回の定時地上気象観測(気圧、気温、露点、湿度、風、雲、降水など)や地震観測などを行っている。

空港の構内にあり、航空気象に関連する業務を行う「航空測候所」も全国に6箇所ある。

管区気象台等の業務を分掌する組織の1つであり、分担気象官署として、気象庁予報警報規程第10条及び第12条に基づき、府県予報区担当官署以外に波浪予報、気象の注意報・警報の発表を行うことができる。

かつて測候所は、全国で100箇所以上も存在したが、機械による測定機能の向上、人員の削減により、2010年10月までに帯広測候所(北海道)・名瀬測候所(鹿児島県)を除いて廃止(機械化、無人化)され、特別地域気象観測所へ移行となった。

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年)11月1日 - 仙台測候所から、仙台地方気象台(現:仙台管区気象台)、名古屋測候所から、名古屋地方気象台に改称
  • 1943年(昭和18年)11月15日 - 金沢、米子地方気象台から金沢、米子測候所に改称。新潟、広島測候所から新潟、広島地方気象台に改称。
  • 1945年(昭和20年)8月11日 - 高松測候所から、高松管区気象台(現:高松地方気象台)に改称
  • 1952年(昭和27年)4月 - 鹿児島測候所から、鹿児島地方気象台に改称
  • 1957年(昭和32年)9月1日 - 旭川、室蘭、釧路、網走、稚内、青森、盛岡、秋田、山形、福島、水戸、宇都宮、前橋、熊谷、銚子、横浜、甲府、長野、富山、金沢、福井、岐阜、静岡、津、彦根、京都、奈良、和歌山、鳥取、松江、岡山、徳島、松山、高知、下関、佐賀、熊本、大分、宮崎測候所から、地方気象台に改称

特別地域気象観測所へ移行[編集]

日本の気象庁では、「測候所」を置いて人による観測を基礎としていたが、観測技術の高度化や経費節減の要請により、北海道十勝地方の帯広と鹿児島県奄美大島の名瀬を除き[2]、基本的に無人化された。

以下は特別地域気象観測所へ移行された測候所である。なお、末尾に※がある特別地域気象観測所では、従前の観測のうち高層気象観測を引き続き最低限の人員により現地にて継続している。

特別地域気象観測所へ移行せず廃止となった測候所[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典・小項目電子辞書版(電子辞書
  2. ^ この2箇所が有人のままとなったのは、管轄が広く、独自に警報・注意報を発表することもあるため。
  3. ^ 剣山は1991年4月1日から無人化されていた。
  4. ^ 伊吹山は1989年6月から無人化されていた。
  5. ^ 東日本大震災により庁舎機能を喪失した宮古海上保安署が、震災後仮庁舎として使用している。
  6. ^ 無人化当初は高層気象観測を行っていたが、2010年3月に観測地点を松江に変更した。
  7. ^ アメダス「森」として存続。測候所時代の観測データはアメダスとは別に計算している。観測史上1~10位の値(年間を通じての値)(旧)森(渡島地方)