港区立お台場学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
港区立お台場学園
Odaiba Gakuen
港陽小学校
Odaiba Gakuen Elementary School
港陽中学校
Odaiba Gakuen Junior High School
Odaibagakuen3.JPG
港区立お台場学園
(2016年1月15日撮影)
過去の名称 港区立港陽小学校
港区立港陽中学校
上記2校の小中一貫教育校
国公私立の別 公立学校
設置者 港区の旗港区
併合学校 港区立港陽小学校
港区立港陽中学校
設立年月日 1996年(平成8年)4月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
小学校コード 小学校/203300
中学校/303120
所在地 135-0091
東京都港区台場一丁目1番5号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

港区立お台場学園(みなとくりつ おだいばがくえん)は、東京都港区台場にある小中一貫教育校の公立小学校と公立中学校である。

概要[編集]

港区立お台場学園は、1991年(平成3年)5月、東京都の臨海副都心の開発計画に伴って計画され、臨海副都心の台場地区の住民5,500人(1,800戸)に対応するために作られた学校である。1992年(平成4年)10月、港区教育委員会において、「台場地区教育施設整備構想」が策定され、施設建設に係わる検討委員会が設置された。1996年(平成8年)4月1日、幼稚園・小学校・中学校併設・併置型の学校施設が開校した。2010年(平成22年)4月1日、港区立小中一貫教育校として、小・中学校の組織を統合した[1]

沿革[編集]

  • 1992年(平成4年)
    • 11月 - 台場地区の教育施設整備構想を策定、小学校12学級で整備する。
    • 12月 - 台場地区の小学校校舎などの建設に係わる検討委員会の設置。
    • 12月 - 1994年(平成6年)3月 - 基本設計、実施設計を依託。
  • 1994年(平成6年)6月 - 1996年(平成8年)3月 - 校舎などの着工。
  • 1995年(平成7年)9月 - 1996年(平成8年)5月 - 校庭、外溝などの整備工事着工。
  • 1996年(平成8年)
    • 4月1日 - 港区立港陽小学校として開校。
    • 10月5日 - 校舎の落成式挙行。
  • 2006年(平成18年)11月15日 - 国土交通省大臣表彰「手づくり郷土賞」受賞。
  • 2007年(平成19年)7月13日 - 読売教育賞最優秀賞 学校づくり部門、経済産業省依託エネルギー教育実践校 発表。
  • 2008年(平成20年)7月21日 - 国土交通省 関東地方整備局長表彰「港湾等の美化活動功労賞」受賞。
  • 2009年(平成21年)4月28日 - 環境大臣表彰「自然環境功労者表彰(自然ふれあい部門)」受章。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 港区立港陽小学校、港区立港陽中学校の組織を統合し、港区立小中一貫教育校お台場学園 開校[2]

教育方針[編集]

教育目標[3]
「自ら考え、自ら学ぶ人」「心豊かで思いやりのある人」「心身ともに健やかな人」
小中一貫教育の目的と実施内容
目的[4]
小中学校の学習内容の接続を重視した新しい学習カリキュラムと一貫した指導により、柔軟で効果的な教育を行い、子どもたちに新たな教育と地域に根ざした魅力ある学校を提供します。
実施内容[5]
平成22年4月に、港陽中学校通学区域において、港区で初めての小中一貫教育校となるお台場学園が、港陽小学校と港陽中学校を母体として開校しました。
朝日中学校通学区域においては、平成27年度の三光小学校、神応小学校及び朝日中学校を母体とする施設一体型の小中一貫教育校の開校を目指し、現在、地域住民、保護者・PTA等と連携を図りながら、小中一貫のカリキュラムの作成、指導体制、校務分掌の見直し、4-3-2制の教育区分による発達段階に応じた教育活動の展開、5・6年からの一部教科担任制の導入の準備を進めています。
小中一貫教育の今後の全区への拡大については、教育区分やカリキュラム、一部教科担任制、学校の運営体制などの検証を踏まえ、施設隣接型やカリキュラム連携型における小中一貫教育を検討します。
校歌[6]
作詞・作曲 - 都倉俊一
校章
デザイン - 福邉幸一 「鳥の翼と白金の丘に開花する旧三光小学校、神応小学校、朝日中学校の3校の桜の花びら」をイメージ。
小学校の児童数と教員数[7]
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 教員数 職員数
平成27年 406人 100人 104人 63人 51人 54人 34人 20人 8人
平成28年 327人 47人 63人 61人 51人 45人 60人 19人 14人
平成29年 326人 64人 45人 65人 56人 53人 43人 18人 14人
平成30年 340人 60人 63人 48人 65人 51人 53人 19人 15人
中学校の児童数と教員数[7]
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 教員数 職員数
平成27年 112人 60人 30人 22人 15人 1人
平成28年 75人 28人 20人 27人 13人 1人
平成29年 77人 29人 28人 20人 13人 1人

通学区域[編集]

小・中学校の住所別通学区域(平成27年4月1日から適用)[8]
台場一丁目 台場二丁目
全域 全域
東京都の小学校卒業者の進路状況[9]
卒業年度 卒業者合計 都内中学校合計 公立中学校 国立中学校 私立中学校 都外中学校合計 その他
平成23年 94,787人 93,067人 76,980人 432人 15,655人 1,558人 162人
平成24年 95,149人 93,465人 77,586人 377人 15,502人 1,540人 144人
平成25年 94,570人 92,815人 77,399人 417人 14,999人 1,608人 147人
平成26年 93,868人 92,273人 76,492人 395人 15,386人 1,449人 146人
平成27年 93,986人 92,461人 76,078人 446人 15,937人 1,370人 155人
平成28年 91,979人 90,465人 74,400人 439人 15,626人 1,384人 130人
平成29年 90,297人 88,781人 72,095人 413人 16,273人 1,393人 123人
100% 98.3% 79.8% 0.5% 18.0% 1.5% 0.1%

幼稚園[編集]

お台場学園には、港区立にじのはし幼稚園が併設されている。

交通[編集]

鉄道
路線バス

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 港区立お台場学園 - 沿革[1]
  2. ^ 港区立お台場学園 - 沿革[2]
  3. ^ 港区立お台場学園 - 教育目標[3]
  4. ^ 平成23年度(2011年度)港区教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価 報告書 - 平成24年(2012年)8月、港区教育委員会[4]
  5. ^ 平成23年度(2011年度)港区教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価 報告書 平成24年(2012年)8月、港区教育委員会[5]
  6. ^ 港区立白金の丘学園 - 校長あいさつ[6]
  7. ^ a b 東京都教育委員会「平成30年度 公立学校統計調査報告書(学校調査編)」統計表、2018年10月25日、2018年12月12日閲覧
  8. ^ 港区立小・中学校通学区域一覧表(平成27年4月1日から適用) [7]
  9. ^ 東京都の平成27年度 公立学校統計調査報告書[8]

関連項目[編集]