港町 (薩摩川内市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港町
—  大字  —
川内発電所
港町の位置(鹿児島県内)
港町
港町
座標: 北緯31度52分4.6秒 東経130度12分11.1秒 / 北緯31.867944度 東経130.203083度 / 31.867944; 130.203083
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 薩摩川内市
地域 川内地域
人口 (2011年4月1日現在)
 - 計 512人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 899-1924
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - satu.svgと異なる可能性があります。

港町(みなとちょう Minato-Chō)は、鹿児島県薩摩川内市大字[1]。旧水引村大字網津の一部、川内市港町郵便番号は899-1924。人口は512人、世帯数は247世帯(2011年4月1日現在)[2]

港町という大字名は字域内に川内港が所在していることに由来する[3]

地理[編集]

薩摩川内市の西部、川内川河口域に位置する[3] 。字域の北方には網津町、南方には久見崎町、東方には湯島町水引町がそれぞれ接しており、西方には東シナ海が広がっている。

字域の南部を東西に鹿児島県道44号京泊大小路線が通っており、川内発電所付近で終点となる。中央部には南北に鹿児島県道338号京泊草道線が通っている。西部には九州電力川内発電所(別称:川内火力発電所)が所在している。

歴史[編集]

1951年(昭和26年)に水引村が川内市に編入され、同時に一部が水引村大字網津(現在の網津町)の一部より分割され、川内市の大字「港町」として成立した[4]

2004年には川内市等が新設合併し薩摩川内市となったのに伴い、薩摩川内市の大字となった。

字域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
川内市港町 1951年昭和26年) 水引村大字網津の一部

施設[編集]

発電
寺社
  • 唐浜恵比須神社
  • 恵比須神社
  • 船間島神社

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

大字 番地 小学校 中学校
港町 全域 薩摩川内市立水引小学校 薩摩川内市立水引中学校

交通[編集]

川内港高速船旅客ターミナル

道路[編集]

県道

湾港[編集]

  • 川内港
    • 高速船ターミナル
      • 甑島商船「高速船甑島」(川内港~里港~長浜港)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川薩地区合併協議会 町・字の取り扱いについて
  2. ^ 統計データ(町別住民基本台帳人口) - 薩摩川内市公式ウェブサイト 2011年4月25日閲覧。
  3. ^ a b 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.763
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.602
  5. ^ 薩摩川内市 義務教育”. 薩摩川内市役所. 2010年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度52分4.6秒 東経130度12分11.1秒