湖の琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

湖の琴』(うみのこと)は、水上勉が発表した小説作品。1965年(昭和40年)7月から1年間読売新聞に連載の後[1]、1966年から複数回にわたって単行本が発売された。

大正末期、滋賀県余呉湖賤ヶ岳山麓の村で生糸を紡いでいた若い男女の悲恋物語である。

あらすじ[編集]

大正末期、若狭から賤ヶ岳の麓の西山の生糸製造農家へ奉公に来た「さく」と「宇吉」はお互いに惹かれるところがあり、助け合いながら暮らしている。さくは京都長唄の師匠「桐屋紋左エ門」に見初められ、京都へ移る。やがて師匠の子を身ごもったさくは西山へ帰り、心優しい喜太夫夫婦に慰められ、宇吉と一緒にいることの幸せをかみかめるが[要説明]、自分の身体は穢れていると嘆き、お腹が大きくなって隠し切れずに自殺する。宇吉はさくを余呉湖の深い淵へ沈めることを思いつき、その遺体を入れた箱に自分も入れて余呉湖に身を投げる[2]

物語の背景[編集]

水上は文中で、『湖北風土記』から「余呉に大音、西山の二村あり。古くから繭をとり、糸を紡ぎ、之これを絃糸(げんし)となす。国中の琴糸、琵琶糸、三味線糸の大半を生産せり」を引用している。湖北・余呉湖の賤ヶ岳山麓の村では昔から「伊香具糸」(いかぐいと)と呼ばれる生糸が生産されており、それらは和楽器類のに使われてきた[1]。この伝統は、現在でも[いつ?]受け継がれている[3]

出版[編集]

映像作品[編集]

映画[編集]

本作は東映によって映画化され、1966年11月13日に劇場公開された[4]。カラー。シネマスコープ。上映時間130分。監督は田坂具隆。主演は栂尾さく[4]佐久間良子、松宮宇吉[4]中村賀津雄

この映画の宣伝ポスターを観た三保ヶ関親方(元大関増位山大志郎)は、「湖」を「うみ」と読ませてもいいのだと気づき、北海道洞爺湖畔の町から入門した小畑敏満に「北の湖敏満」の四股名を与えることにした。

2011年1月21日、東映ビデオから本作を収録したDVDが発売された(品番:DSTD-03336)。このDVDは、2016年3月9日に同社から再発売された(品番:DUTD-03336)。

テレビドラマ[編集]

映画公開翌年の1967年にはTBSによってテレビドラマ化され、同年4月3日から6月30日までTBS系列局で放送された。放送時間は毎週月曜 - 金曜 14:00 - 14:15 (日本標準時)。脚本担当は生田直親。出演者は田島和子、岩崎信忠、小栗一也東恵美子

TBS系列 月曜 - 金曜 14:00 - 14:15
前番組 番組名 次番組
赤い殺意
(1966年10月24日 - 1967年3月31日)
湖の琴
(1967年4月3日 - 1967年6月30日)
すりかえ
(1967年7月3日 - 1967年9月29日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]