湖北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湖北駅
駅北口(2018年7月21日)
駅北口(2018年7月21日)
こほく
Kohoku
東我孫子 (2.9km)
(2.6km) 新木
所在地 千葉県我孫子市中里324
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 成田線(我孫子支線)
キロ程 6.3km(我孫子起点)
電報略号 コホ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,116人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1901年明治34年)4月1日[1]
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
小堀の渡し(駅近傍)

湖北駅(こほくえき)は、千葉県我孫子市中里にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線我孫子支線)のである。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

当駅の近隣に「湖」を正式名称とする湖沼は存在しないが、手賀沼の北に位置していることからとされる。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。線路は我孫子方ではかなり手前から分岐しており、そこからさらに成田方面行側から側線が分岐している。ホームから見ると上り線の奥に側線が2本設置されている。

直営駅であり、管理駅として東我孫子駅 - 小林駅間の各駅を管理している。駅舎内にはみどりの窓口(営業時間は6時から21時)・自動改札機自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 成田線(我孫子支線) 下り 成田千葉佐原方面
2 上り 我孫子上野東京品川水戸方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 信号設備上、1、2番線いずれも両方面からの到着および出発が可能である。
  • 何らかの理由で一部運休になった場合に列車が当駅折り返しになることがある。
  • ホームの新木寄りには「籠載せ台」があり、行商の荷物置き台に利用されている。
  • かつて1番線の外側にはホームのない待避線の0番線があり成田空港建設資材輸送の貨物列車が待避に使用していた。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員4,116人である。成田線(我孫子支線)の中間駅では最も利用客が多い。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 6,545 [* 1]
1991年(平成03年) 6,670 [* 2]
1992年(平成04年) 6,604 [* 3]
1993年(平成05年) 6,529 [* 4]
1994年(平成06年) 6,305 [* 5]
1995年(平成07年) 6,194 [* 6]
1996年(平成08年) 5,997 [* 7]
1997年(平成09年) 5,725 [* 8]
1998年(平成10年) 5,498 [* 9]
1999年(平成11年) 5,340 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]5,139 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]4,983 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]4,793 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]4,729 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]4,666 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]4,620 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]4,567 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]4,527 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]4,483 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]4,356 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]4,184 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]3,923 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]4,007 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]4,058 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]4,039 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]4,090 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]4,128 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]4,108 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]4,116

駅周辺[編集]

北側は中峠(なかびょう)地区の住宅地、南側はUR都市機構湖北台団地を含む新興住宅地である。北側で駅前ロータリーの建設が進んでいる。

また、利根川右岸(南側)にありながら茨城県取手市に属する小堀(おおほり)地区も、当駅北口から約2キロの距離にあり、徒歩30分ほどでアクセスできる。ただし、小堀地区と取手市中心部の間には、利根川を渡る「小堀の渡し」が古くから運航されているほか、現在は市営の「小堀循環バス」も運行されている。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
湖北駅南口 20 湖北台八丁目・団地中央・天王台駅南口・東我孫子車庫・市役所 我孫子駅 阪東自動車
15 湖北台八丁目・団地中央・天王台駅南口 東我孫子車庫
17 湖北台八丁目・団地中央 天王台駅南口
21 湖北台中学校・団地中央・天王台駅南口・東我孫子車庫・市役所 我孫子駅
16 湖北台中学校・団地中央・天王台駅南口 東我孫子車庫
18 湖北台八丁目・団地中央 天王台駅南口
湖北駅北口 1,2 湖北支所・新木駅入口 布佐駅南口
1 湖北台入口・天王台駅南口 東我孫子車庫
2 湖北台入口・NEC・川村学園 天王台駅北口

ニュー東豊が、我孫子駅→栄町竜角寺台四丁目行(一部印西市木下東一丁目止り)の深夜バスと、天王台駅北口行の路線バスを運行していた時期もあったが廃止している。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
成田線(我孫子支線)
東我孫子駅 - 湖北駅 - 新木駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、23頁。
  2. ^ 我孫子市史2012年度/我孫子市ホームページ(PDF) - (2014年2月14日閲覧)
  3. ^ 「湖北駅北口にエレベーター・エスカレーターが完成」 - 広報あびこ、平成20年4月16日号 通巻1211号、p.6(2014年2月18日閲覧)
広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 我孫子市の統計 - 我孫子市
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]