湖南省博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湖南省博物館外観

湖南省博物館(こなんしょうはくぶつかん、: 湖南省博物馆: Hunan Provincial Museum)とは、中国湖南省長沙市にある博物館。1972年以降長沙にて発掘された馬王堆漢墓の出土品を多数展示している。

概要[編集]

中国湖南省長沙市の開福区に位置し、建設は1951年、開館は1956年[1][2]。収蔵は2006年の時点で11万余点、中国における国家一級文物の指定を受けたもの763点[1][3]である。敷地面積51,000平方メートル、建築面積29,000平方メートルで湖南省からAAAA級(4A級)旅行景観区に認定[1]

ら古代中国、紀元前からの出土品を中心に展示してあり、特に長沙で馬王堆漢墓が発見され同博物館にて展示以降は、世界の研究者から注目を浴びた[3]。特に帛書帛画を含む簡帛類(竹簡木簡を含む古文書類)は、「驚異的出来事」[4]とされたものを含み、佚書も多く存在した。

2004年には湖南省博物館所蔵品の馬王堆漢墓出土品と走馬楼発掘品が来日し、サントリー美術館にて展示された[5]

展示物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 湖南省博物館湖南省旅行局オフィシャルサイト
  2. ^ 湖南省博物馆概况湖南省博物館(中国語)
  3. ^ a b 中国湖南省長沙学術調査報告 INDEX 湖南省博物館訪問大阪大学中国哲学研究室内 中国出土文献研究会 『戦国楚簡研究2006』(『中国研究集刊』別冊特集号〈総四十一号〉)
  4. ^ 馬王堆医書大学病院医療情報ネットワーク 真柳誠「書評『馬王堆漢墓帛書〔肆〕』」『日本医史学雑誌』33巻2号272-274頁、1987
  5. ^ http://www.suntory.co.jp/news/2004/8808.html 「湖南省出土古代文物展 古代中国の文字と至宝」を開催 ~  「馬王堆(まおうたい)と走馬楼(そうまろう)」出土品、初公開 ~]サントリーニュースリリースNo.8808

関連項目[編集]

  • 馬王堆漢墓 - 1972年以降発掘された漢墓で、同博物館で展示されている。

座標: 北緯28度12分55.08秒 東経112度59分16.08秒 / 北緯28.2153000度 東経112.9878000度 / 28.2153000; 112.9878000