湘南江の島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湘南江の島駅
2018年完成の新駅舎(2018年12月) 湘南江の島駅 (神奈川県) 神奈川県の地図を表示 湘南江の島駅 (日本) 日本の地図を表示
2018年完成の新駅舎(2018年12月)

湘南江の島駅の位置(神奈川県内)
湘南江の島駅
湘南江の島駅 (神奈川県)
湘南江の島駅の位置(日本内)
湘南江の島駅
湘南江の島駅 (日本)
しょうなんえのしま
Shōnan-Enoshima
◄SMR7 目白山下 (0.4km)
所在地 神奈川県藤沢市片瀬三丁目15-1
駅番号 SMR8
所属事業者 湘南モノレール
所属路線 江の島線
キロ程 6.6km(大船起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面1線
乗車人員
-統計年度-
1,941人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
4,395人/日
-2017年-
開業年月日 1971年昭和46年)7月1日
乗換 江ノ島駅江ノ島電鉄線
片瀬江ノ島駅小田急江ノ島線
テンプレートを表示
増改築前の駅ビル(2007年9月22日)
ホーム(2018年12月)

湘南江の島駅(しょうなんえのしまえき)は、神奈川県藤沢市片瀬三丁目にある、湘南モノレール江の島線である。駅番号SMR8

歴史[編集]

当初の予定では海岸線の近くに駅を建設する計画だったが、江ノ島電鉄や地権者の反対に遭って果たせず、やや内陸よりに造られる結果となった。当駅から江ノ島海岸までの州鼻通りに湘南モノレール所有の駐車場が存在していたのは、線路用地として先行取得されていた名残りである[要出典]

駅構造[編集]

開業当時からの駅舎に耐震補強及び増改築を施した地上5階建ての駅ビルとして、2018年(平成30年)12月に竣工している。

2005年(平成17年)に採用された第1次サインシステムを受け継ぐ第2次サインシステムが駅ビル内に全面的に採用されている。江の島口と名付けられた正面玄関並びに藤沢口・鎌倉口の計3か所の出入口が設置され、1 - 4階はテナントが入居できる構造であり、5階は券売機改札口(自動改札機と有人改札)、ICチャージ機並びにホームがある。有人駅だが駅係員連絡用インターホンも設置されており、大船駅係員と通話することも可能である。

旅客サービス施設として5階に「ルーフテラス」と命名された展望台が設置されているほか、多機能トイレを含むトイレ、エスカレーター並びにエレベーターが各所に設置されている。ホームは頭端式2面1線で、乗車専用ホームと降車専用ホームに分かれている。増改築前の旧駅舎当時は、エスカレーターは2階から4階までのみの設置に留まっており、エレベーターは未設置であった。

2019年4月25日より、東京電力エナジーパートナーと共同でモバイルバッテリーシェアリングサービス「充レン」を大船駅と共に導入された[2]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 江の島線 湘南深沢大船方面
2 降車ホーム

利用状況[編集]

江の島界隈に乗り入れる鉄道路線では、江ノ島電鉄線小田急江ノ島線と異なり利用者の多くを地元の住民や通学客が占めていたが、近年ではインバウンド旅客も目立って増えている[要出典]

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 1,688 [3]
1999年 1,667 [4]
2000年 1,631 [4]
2001年 1,682 [5]
2002年 1,678 [5]
2003年 1,705 [6]
2004年 1,835 [6]
2005年 1,850 [7]
2006年 1,818 [7]
2007年 1,895 [8]
2008年 1,865 [8]

駅周辺[編集]

乗り換え路線[編集]

鉄道路線[編集]

徒歩連絡により下記の路線へ乗り換え可能だが、連絡運輸は行われていない。

なお、片瀬江ノ島駅とは距離があるため乗り換えにはあまり適していない。

バス路線[編集]

  • 江ノ島駅前
  • 龍口寺
    • 京浜急行バス
      • <船6> 江ノ島行/大船駅行(片瀬山入口・津村・鎌倉山経由)
      • <鎌6> 江ノ島行/鎌倉駅行(片瀬山入口・津村・鎌倉山経由)
  • 竜口寺(京浜急行バス龍口寺停留所と同位置)
    • 江ノ電バス
      • 江ノ島駅前と同じ行先が停車

隣の駅[編集]

湘南モノレール
江の島線
目白山下駅(SMR7) - 湘南江の島駅(SMR8)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 12月1日(土)バリアフリー化された湘南江の島駅全館の供用を開始いたします。 - 湘南モノレール、2018年11月30日
  2. ^ 【ニュースリリース】神奈川県初! モバイルバッテリーシェアリングサービス「充レン」導入! 2019.4/24
  3. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)227ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)229ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)227ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)229ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)231ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)245ページ

関連項目[編集]