湘南貨物駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
湘南貨物駅
しょうなんかもつ
Shōnan Kamotsu
大船 (2.5 km)
(2.1 km) 藤沢
所在地 神奈川県藤沢市村岡東一丁目
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 東海道本線
キロ程 48.0 km(東京起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1969年昭和44年)10月1日
廃止年月日 1985年(昭和60年)12月1日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

湘南貨物駅(しょうなんかもつえき)は、神奈川県藤沢市村岡東一丁目にかつてあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅である。東海道本線複々線区間のうち、東海道貨物線上の大船駅藤沢駅の間に存在した。

その跡地に、東日本旅客鉄道(JR東日本)と地元自治体が2021年に整備計画を発表した旅客駅「村岡新駅」(仮称)[1]についても記述する。

駅概要[編集]

本線北側に数本の仕分線が敷設され、その北側に位置する1棟の上屋付貨物ホームに、2本の荷役線が引き込まれていた。

車扱貨物のみを取り扱い、コンテナ貨物は取り扱っていなかった。

地上駅で、2階建ての駅舎があった。

駅跡地と旅客新駅構想[編集]

跡地の一部はTSUTAYA店舗(一時期建物をJR貨物がフランチャイズ運営をしており、建物にJRFの表示がなされていた)およびフットサルの施設として利用されている。以前はサカタのタネと住宅展示場のABCハウジングが存在したが、双方とも撤退した。サカタのタネ跡はフットサルコートに、住宅展示場跡は更地になっている。

本線上にあった分岐器は完全に撤去されて棒線化したが、本線に支障しない部分は着発線や引上線のレールが一部残っている。

「村岡新駅」構想[編集]

湘南貨物駅跡地と隣接する東日本旅客鉄道(JR東日本)鎌倉総合車両センター跡地[2]を一体的に再開発し、旅客駅「村岡新駅」(仮称)を設けて、東海道線列車を停車させる構想が進められている[1]。整備費用は約160億円と試算され、地元自治体の神奈川県と藤沢市、鎌倉市は負担に同意している[3]

2021年2月8日にJR東日本横浜支社と神奈川県、藤沢市、鎌倉市の4者が駅を設置することで合意[4][5]した。2021年度に4者で駅設置に関する基本協定を締結し、翌年度から詳細設計に着手する[5]。開業は2032年度を予定している[5]

新駅事業費負担の割合は神奈川県が30%、藤沢・鎌倉の両市が27.5%、JR東日本が15%である。神奈川県内の請願駅でJR東日本も費用を負担するのは、2016年に開業した南武線小田栄駅川崎市)に次いで2例目となる[1]

旅客案内上の東海道線東京駅から神戸駅[6]内で新駅が設置されるのは、2020年3月開業の御厨駅静岡県磐田市)、JR東日本管内に限った場合は1925年に開業した熱海駅(静岡県熱海市)以来となる[7][8]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1969年昭和44年)10月1日 - 藤沢駅の貨物取扱業務を分離して神奈川県藤沢市宮前十二天に開業し、貨物取扱を開始[9]する。
  • 1974年(昭和49年)10月1日 - 「荷貨一元化」により小荷物取扱を開始[10]する。
  • 1978年(昭和53年)10月2日 - 小荷物取扱を廃止[11]する。
  • 1985年(昭和60年)12月1日 - 廃止[12]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
東海道本線(東海道貨物線)
大船駅 - 湘南貨物駅 - 藤沢駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “東海道線の大船―藤沢に新駅 2032年にも開業”. 日本経済新聞. (2021年2月8日). オリジナルの2021年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210213122957/https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB053DC0V00C21A2000000/ 2021年2月13日閲覧。 
  2. ^ 神奈川県鎌倉市深沢地域に位置する。
  3. ^ “東海道線「村岡新駅」、神奈川県など地元負担割合合意”. 日本経済新聞. (2018年12月27日). オリジナルの2021年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210213123519/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39460060X21C18A2L82000/ 2021年2月13日閲覧。 
  4. ^ “JR東海道本線の大船駅と藤沢駅間における村岡新駅(仮称)の設置に関する覚書の締結について” (日本語) (プレスリリース), 神奈川県/鎌倉市/藤沢市, (2021年2月8日), オリジナルの2021年2月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210208084242/https://www.pref.kanagawa.jp/docs/gd6/prs/r8215057.html 2021年2月8日閲覧。 
  5. ^ a b c “東海道線 村岡新駅設置で合意 JR東と県、藤沢、鎌倉市”. 神奈川新聞. (2021年2月8日). オリジナルの2021年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210208083715/https://www.kanaloco.jp/news/government/article-392802.html 2021年2月8日閲覧。 
  6. ^ 戸籍上のJR東日本管内の東海道線の新駅として高輪ゲートウェイ駅がある。また、同社の運行系統上の東海道線の新駅としては羽沢横浜国大駅も挙げられる。
  7. ^ “東海道線・大船―藤沢間に新駅 32年開業へ―JR東日本”. 時事通信. (2021年2月8日). オリジナルの2021年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210213123716/https://www.jiji.com/sp/article?k=2021020800871&g=eco 2021年2月13日閲覧。 
  8. ^ “JR東海道線の大船―藤沢駅間に新駅設置へ…2032年頃の開業目指す”. 読売新聞. (2021年2月8日). オリジナルの2021年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210213124124/https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210208-OYT1T50165/ 2021年2月13日閲覧。 
  9. ^ 1969年(昭和44年)9月27日日本国有鉄道公示第295号
  10. ^ 1974年(昭和49年)9月12日日本国有鉄道公示第208号
  11. ^ 1978年(昭和53年)9月29日日本国有鉄道公示第122号
  12. ^ 1985年(昭和60年)11月25日日本国有鉄道公示第128号

関連項目[編集]

  • 大船軒 - かつて湘南貨物駅の社員食堂を営業。