湘南軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湘南軌道
下井ノ口駅跡
下井ノ口駅跡
概要
現況 廃止
起終点 起点:秦野駅
終点:二宮駅
駅数 8駅
運営
開業 1906年8月1日 (1906-08-01)
廃止 1937年8月25日 (1937-8-25)
所有者 湘南軌道
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 10.1 km (6.3 mi)
軌間 762 mm (2 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
駅・施設・接続路線
凡例
uexKBHFa
0.0 秦野
uexBHF
0.8 台町
uexhKRZWae
水無川
HSTq uxmKRZu STRq
大秦野
uexSTR
小田原急行鉄道線
uexBHF
2.1 大竹
uexBHF
4.0 上井ノ口
uexBHF
5.5 下井ノ口
uexBHF
7.2 一色
uexBHF
8.6 中里
uexSTRl uexKBHFeq
10.0 二宮
STRq BHFq
東海道本線
Nuvola apps kview.svg 地図外部リンク
湘南軌道
Searchtool.svg 廃駅等詳細位置情報
地図の不具合を報告

湘南軌道(しょうなんきどう)は、かつて神奈川県に存在した軽便鉄道およびその運営会社である。

秦野で産出されていた葉タバコ東海道線二宮まで輸送することを主目的として建設され、大正期には賑わいを見せたが、1927年昭和2年)に小田原急行鉄道(現在の小田急小田原線)が開通すると衰退し、旅客営業休止、路線休止を経て1937年(昭和12年)に廃止された。

路線データ[ソースを編集]

廃止時点

歴史[ソースを編集]

  • 1901年(明治34年)9月20日 軌道特許状下付[2]
  • 1906年明治39年)8月1日[2] 発起人を集め湘南馬車鉄道として秦野 - 二宮間開業 (9.0km)。開業当初は馬車鉄道であった。当時の発起人は秦野市、二宮町、中井町など沿線の有力者をもって行われた。なお、発起人に名を連ねた人物には国会議員の伊達時や慶應義塾出身の山口(旧姓 高橋)喜十郎など福沢諭吉の知己を直接得ている人物が存在する。また、伊達時および山口喜十郎は伊勢原市に存在した自由民権運動の団体「湘南社」に深くかかわっていた。
  • 1913年(大正2年)
    • 2月1日 利用者増加に伴い蒸気機関車に変更[3]
    • 2月24日 湘南軽便鉄道[4]に改称[3]
  • 1918年(大正7年) 経営難により一時休止、その後経営移管され湘南軌道となる
  • 1923年(大正12年)9月1日 関東大震災により被災
  • 1924年(大正13年)3月 秦野駅(初代)を台町駅に改称、秦野(2代目) - 台町間開業 (1.0km)、全通
  • 1927年(昭和2年)4月1日 小田原急行鉄道開通
  • 1929年(昭和4年)8月14日 乗合自動車運行開始[5][6]
  • 1933年(昭和8年) 旅客営業を休止、貨物営業のみとなる
  • 1935年(昭和10年)10月9日 秦野 - 二宮間全線営業休止
  • 1937年(昭和12年)8月25日 秦野 - 二宮間全線廃止 (-10.0km)[7]

車両[ソースを編集]

細い筒の上に火の粉の飛散を防ぐための太い罐が取り付けられているという独特の形状の煙突をもった大日本軌道鉄工部製の蒸気機関車が5両[8]運用されていた。

車両数の変遷[ソースを編集]

年度 機関車 客車 貨車
有蓋 無蓋
1913 5 3 6 2
1914-1917 5 3 2 12
1918 5 3 12
1919 5 4 13
1920 5 4 1 13
1921 5 4 2 20
1922-1936 5 6 4 18
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料各年度版

駅一覧[ソースを編集]

廃止時点

秦野駅* - 台町駅 - 大竹駅 - 上井ノ口駅 - 下井ノ口駅 - 一色駅 - 中里駅 - 二宮駅

湘南軌道の秦野駅のあった場所は、専売公社農場(現イオン秦野店)附近で、現在の小田急秦野駅からは離れている。

接続路線[ソースを編集]

廃止時点

輸送・収支実績[ソースを編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円)
1908 74,330 9,418 17,912 4,806 13,106 141 11,542
1909 62,430 8,983 15,733 15,361 372 304
1910 61,736 9,573 16,045 12,943 3,102 利子45 臨時工事費1,142
1911 70,220 10,421 16,212 13,701 2,511 利子15
1912 52,819 11,362 16,726 13,763 2,963 431
1913 79,426 11,669 21,557 13,495 8,062 5,324
1914 75,336 14,154 20,961 12,965 7,996 臨時災害費36 5,226
1915 73,822 8,744 20,667 13,437 7,230 5,881
1916 76,542 14,135 23,019 16,574 6,445 6,659
1917 86,154 12,287 22,892 22,593 299 4,456
1918 97,990 2,007 19,769 32,003 ▲ 12,234
1919 126,033 6,670 22,412 20,781 1,631
1920 108,494 7,300 32,910 19,075 13,835 3,789
1921 106,875 8,298 33,929 22,660 11,269
1922 96,187 6,446 30,455 22,298 8,157
1923 76,950 5,157 24,770 17,838 6,932 137,074 116,941 5,574
1924 70,770 9,255 28,270 20,355 7,915 22,411 14,948
1925 95,934 15,517 60,456 54,508 5,948
1926 110,343 14,198 58,613 56,449 2,164
1927 66,753 16,025 50,607 54,337 ▲ 3,730
1928 54,249 17,125 41,025 41,196 ▲ 171
1929 50,423 17,957 33,719 33,585 134 自動車150
1930 31,261 15,253 22,219 21,134 1,085 自動車911
1931 30,379 17,153 21,355 18,880 2,475 自動車1,583
1932 20,748 17,230 19,521 18,703 818 自動車573
1933 16,406 15,237 17,110 17,234 ▲ 124 自動車414
1934 14,558 14,479 18,840 14,750 4,090 自動車3,815
1935 12,207 15,234 12,962 2,272 雑損530自動車3,050
1936 13,830 報告未着
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

その他[ソースを編集]

小田原急行鉄道が開通した際、既に湘南軌道に秦野駅が存在したために、小田急の駅は大秦野駅と名付けられた。この駅名は湘南軌道廃止後も続き、結局1987年に地元の要望で秦野駅に改称されるまで、半世紀にわたって秦野駅が存在しない事態となった。

発起人に名を連ねる山口(旧姓 高橋)喜十郎は福沢諭吉の弟子であり、大学になる以前の慶應義塾にて福沢諭吉から直接学んだ人物である。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾『日本鉄道旅行地図帳』は10.1km
  2. ^ a b c d 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b 『湘南軽便メモワール』38頁
  4. ^ 名称は軽便鉄道であるが適用法は軌道条例軌道法)のままであり廃止まで変わらなかった。
  5. ^ 『湘南軽便メモワール』127-128頁
  6. ^ 1934年時点『全国乗合自動車総覧』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 『鉄道統計. 昭和12年度 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 1912年に3両、1914年に2両配備。渡邊喜治『湘南軽便メモワール』p42

参考資料[ソースを編集]

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』4 関東2、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790022-7。
  • 渡邊喜治『湘南軽便メモワール』東京図書出版、2012年5月28日 発行、初版。ISBN 978-4-86223-561-9。

関連項目[ソースを編集]