湘南鷹取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 横須賀市 > 湘南鷹取
湘南鷹取
湘南鷹取の位置(神奈川県内)
湘南鷹取
湘南鷹取
湘南鷹取の位置
北緯35度18分31.7秒 東経139度36分55.5秒 / 北緯35.308806度 東経139.615417度 / 35.308806; 139.615417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市
地区 追浜地区
面積
 • 合計 1.270km2
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 7,713人
 • 密度 6,100/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
237-0066[2]
市外局番 046 (横須賀MA)[3]
ナンバープレート 横浜

湘南鷹取(しょうなんたかとり)は神奈川県横須賀市町名住居表示実施済み区域である。現行行政地名は湘南鷹取一丁目から湘南鷹取六丁目。郵便番号は237-0066[2]

地理[編集]

横須賀市最北部に位置する。北で鷹取横浜市金沢区六浦南及び六浦東、東で追浜南町追浜町、南東で船越町、南西で逗子市沼間、西で逗子市池子と隣接する。 西武不動産鷹取山周辺の尾根や谷を切り土したり、盛土するなどして造成した住宅団地で、住宅の多くは高台に建設されている。北隣の「鷹取」は湘南鷹取以前からの市街地である。

域内を通過する幹線道路はなく、自動車で住宅街へ出入りできる箇所も非常に少ない。六浦南との接道個所は車止めがあり抜け道化を防いでいる。西友以外に大規模な商業施設も存在せず、閑静な住宅街となっている。横須賀市立の鷹取小学校鷹取中学校が建設されているが、ともに市内では最小規模の学校である。東京横浜へ通勤する住民が多く、ベッドタウンの様相を呈する。市内に点在する他の住宅街に比べ広壮な住宅が多いこと、長期居住者が多いこと、整った景観なども湘南鷹取の特徴とされ、比較的富裕な家庭が集まっている。五丁目にはマンション(A棟~V棟)が立ち並ぶ。建築からやや年数が経過しているが、住民による手入れはしっかりと行われている。近年、二丁目に新たなマンションの建設が計画されたが、主に安全性を損ねるという理由により住民が市に提訴。この訴えが認められた結果、市からの行政命令で工事は中止され、建設予定地は駐車場となった後、老人ホームが建設された。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

三浦半島東京湾側に位置し、本来湘南と呼ばれる地域ではないが、そのイメージのよさから地名に採用されたという由来のほか、湘南電気鉄道から採用の由来という意見もあり、真実は不明である。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
湘南鷹取一丁目 567世帯 1,313人
湘南鷹取二丁目 504世帯 1,155人
湘南鷹取三丁目 395世帯 981人
湘南鷹取四丁目 457世帯 1,052人
湘南鷹取五丁目 1,081世帯 2,415人
湘南鷹取六丁目 329世帯 797人
3,333世帯 7,713人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
湘南鷹取一丁目 全域 横須賀市立鷹取小学校 横須賀市立鷹取中学校
湘南鷹取二丁目 全域
湘南鷹取三丁目 全域
湘南鷹取四丁目 全域
湘南鷹取五丁目 全域
湘南鷹取六丁目 全域

交通[編集]

最寄駅は京急本線追浜駅京急田浦駅京急逗子線六浦駅のいずれかとなる。この中では団地へ乗り入れる路線バス「湘南たかとり循環」「湘南たかとり一丁目」が発着し、駅前に商業施設等が集まる追浜駅の利用が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 住民基本台帳登載人口”. 横須賀市 (2017年10月13日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月28日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ 通学区域一覧表”. 横須賀市 (2017年2月24日). 2018年2月28日閲覧。