湯けむりスナイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
湯けむりスナイパー
ジャンル 青年漫画ヒューマンドラマ
漫画
原作・原案など ひじかた憂峰
作画 松森正
出版社 実業之日本社
掲載誌 漫画サンデー
レーベル マンサンコミックス
発表号 1998年 - 2004年
巻数 全16巻
漫画:湯けむりスナイパーPART2 花鳥風月編
原作・原案など ひじかた憂峰
作画 松森正
出版社 実業之日本社
掲載誌 漫画サンデー
レーベル マンサンコミックス
発表号 2005年 -
巻数 全2巻
話数 全30話
漫画:湯けむりスナイパーPARTIII
原作・原案など ひじかた憂峰
作画 松森正
出版社 実業之日本社
掲載誌 漫画サンデー
レーベル マンサンコミックス
発表号 2007年 - 2013年
巻数 全3巻
話数 全31話
漫画:湯けむりスナイパー 鼓動編
原作・原案など ひじかた憂峰(原作)
橋本一郎(脚本)
作画 松森正
出版社 少年画報社
掲載誌 ヤングキングBULL
発表号 2021年6月号 -
発表期間 2021年5月6日[1] -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画・テレビ・ドラマ

湯けむりスナイパー』(ゆけむりスナイパー)は、原作:ひじかた憂峰(狩撫麻礼の別ペンネーム)、作画:松森正による日本漫画作品。

概要[編集]

漫画サンデー』(実業之日本社)にて1998年から2004年にかけて連載。その後2005年から『湯けむりスナイパーPART2 花鳥風月編』、2007年から『湯けむりスナイパーPARTIII』を連載。2009年にはテレビ東京系のドラマ24枠にて、テレビドラマ化された。2013年、『漫画サンデー』廃刊により、連載を終了。

『湯けむりスナイパー 鼓動編』が『ヤングキングBULL』(少年画報社)にて2021年6月号より隔月で連載中[1]。脚本に橋本一郎が加わっている。

単行本は、『湯けむりスナイパー』全16巻、『湯けむりスナイパー2 花鳥風月編』全2巻、『湯けむりスナイパー PART III』全3巻。

なお、原作の「椿屋」のモデルとなった温泉旅館福島県会津若松市内の東山温泉にある老舗の和風旅館「向瀧」。外観等そのまま漫画に描かれている。ただし、この旅館には作品中に書かれているような露天風呂はなく、すべて屋内の内風呂のみである。

あらすじ[編集]

一流の殺し屋が血塗られた過去を隠し余生を穏やかに過ごすため、“源さん”を名乗って秘境の温泉旅館「椿屋」で働くこととなる。椿屋と源さんの周囲に日々起こるさまざまな人間ドラマを描く。

登場人物[編集]

源さん
この物語の主人公。殺し屋であることに潮時を感じ、を捨て、秘境の温泉宿で平穏な余生を送らんと決意した元殺し屋。椿屋で「リストラされたサラリーマン」という名目で働いている。外見は四十代ほどだが、年齢不詳。無口で控え目、黙々と働く律儀な働きぶりは人々に一目おかれているが、どこか出来過ぎな感じと、一般社会に無縁だったカタギではない感、が謎めいた存在。寡黙だがト書きのモノローグでは理知的で俯瞰的。懸命に生きる人たちへの共感と自身の野生的な衝動にも目を向けている。格闘技、銃器の取り扱いに長けており、椿屋をめぐる暴力などの陰の部分を内密に対処する。返事は「ハイ」ではなく「ウイッス」。
冴子
椿屋の女将。みちのく温泉街、老舗旅館の二代目美人女将。オフシーズンには従業員のガス抜きの為、思いつきで経費を抑えた慰安旅行などを行う、おっとりとした見かけと違って凄腕の経営者。年に一度のお祭りには自ら焼き鳥を焼くお茶目な一面もある。巨人ファン。
捨吉
椿屋の番頭。旅館業の裏表を知り尽くしたベテラン。お調子者で熱狂的な阪神ファンで、たった一人の身寄りである兄は、日活アクション映画そのままの「渡り鳥」。ドラマ版ではお正月スペシャル2012で東日本大震災にショックを受け余生を東北復興に捧げるため椿屋を辞めた。
由美
椿屋の仲居の一人。芸能界を夢見る屈託のない明るい少女。底抜けの明るさは、生い立ちの暗さと戦っているように思われる(マルチに引っかかり、一家心中して生き残った一人娘)。源さんの良き友であり、良き話し相手。一度は歌手になるため椿屋を辞め東京に出たが、挫折して舞い戻ってきた。
小雪
椿屋によく呼ばれる芸者。元は割烹店のひとり娘、不良少女だったが二人の老芸者に鍛えられて、東京の花柳界にも通用するほどの腕前に成長する。源さんに片思いをする一人。カラオケは椎名林檎が得意。
山岸トモヨ(カトリーヌ山岸)
地元で隠遁生活を営む謎の女。東京でのストリッパー生活を引退後、ストリッパー時代稼いだ貯金で、故郷にある山奥の農家の廃屋を購入して、酒浸りの余生を送る(好みの銘柄は八海山か?)。ストリッパー時代の荒んだ生活など過去を恥じてか、自称ダウナー系と発言しているが、繊細で心優しい女性。山姥のような風貌だが、メイクでとんでもない美女に変身、椿屋で女体盛りアルバイトをする。「自己が問われるそのときだけ実力を全開する(山姥が超美女に)」。そのプロフェッショナルな姿勢に源さんは共鳴、そして「過去を清算した元ストリッパートモヨ姐さんは人生の先輩では?」と源さんにとって、かなり気になる存在。源さんとは、やがて男女として惹かれ合うようになっていく。
君枝
椿屋と業務提携する海の家『浜屋』の経営者の少女。登場時はまだ十代のガングロギャルだったが、行きずりの男の娘を出産し若くして未婚の母になる。外見とは裏腹に礼儀正しくタフなしっかり者で、椿屋の人々から愛されており、海の家が休業する秋から春までの間は椿屋で仲居として働くこともある。源さんに惹かれ、そのためトモヨとは恋敵になるが、トモヨとも友情で結ばれており、やがて奇妙な三角関係を形成するようになる。
完結編である『PARTIII』のラストでは、娘(杏子)は中学2年生に成長していた。
松三
みちのく温泉近郊の一番高い山にある、廃屋になった炭焼き小屋に住む、極太マツタケを見つける山の達人。フンドシに山賊の様な野良着と強面の風貌。ガス・水道・電気も無いエコロジー生活達人の様に見えるが、アルマーニのスーツも着るアダルトな一面もある。本業は、野鳥の密猟や野生動物の狩りなどをして、ヤクザな人間と取引をしている。所持する唯一の電化製品は携帯電話。喋れないと思われていたので周囲を驚かせる。殺人事件かなにかの罪を逃れているのか、とにかく訳ありの一番ミステリックな人間。ただ、椿屋を巡る平和や調和をむやみに乱したりしない、慈悲深い人間。後ろ暗い過去を持ちながらも生きる点が共通する源さんとトモヨと松三は特別な関係でもある。
ママ
温泉郷で営業するスナック『花子』のママ。捨吉が常連で、たまに源さんを連れて飲みに来る。東南アジア出身のホステスを雇っており、温泉宿の宿泊客相手に店で売春させたりもしている。
Q(キュー)
おでん屋台の店主。だがそれは仮の姿で、実はマネーロンダリング偽造書物、麻薬武器の売買など、裏社会に精通したプロフェッショナル。歌舞伎町一番街近くで営業している。源さんが絶対の信頼をよせる人間。原作作画コンビの殺し屋物である『ライブマシーン』に登場する人物と同一の姿形である。

書誌情報[編集]

湯けむりスナイパー
  • 原作:ひじかた憂峰、作画:松森正『湯けむりスナイパー』実業之日本社〈マンサンコミックス〉、全16巻
    1. 1999年6月29日発売[2]ISBN 4-408-16500-X
    2. 1999年12月16日発売[3]ISBN 4-408-16525-5
    3. 2000年3月29日発売[4]ISBN 4-408-16534-4
    4. 2000年6月29日発売[5]ISBN 4-408-16548-4
    5. 2000年10月26日発売[6]ISBN 4-408-16560-3
    6. 2001年1月29日発売[7]ISBN 4-408-16571-9
    7. 2001年5月29日発売[8]ISBN 4-408-16591-3
    8. 2001年9月29日発売[9]ISBN 4-408-16616-2
    9. 2002年1月28日発売[10]ISBN 4-408-16637-5
    10. 2002年6月29日発売[11]ISBN 4-408-16668-5
    11. 2002年11月29日発売[12]ISBN 4-408-16701-0
    12. 2003年4月28日発売[13]ISBN 4-408-16734-7
    13. 2003年11月29日発売[14]ISBN 4-408-16780-0
    14. 2004年3月29日発売[15]ISBN 4-408-16810-6
    15. 2004年6月29日発売[16]ISBN 4-408-16831-9
    16. 2004年8月28日発売[17]ISBN 4-408-16847-5
湯けむりスナイパーPART2花鳥風月編
  • 原作:ひじかた憂峰、作画:松森正『湯けむりスナイパーPART2花鳥風月編』実業之日本社〈マンサンコミックス〉、全2巻
    1. 2005年12月20日発売[18]ISBN 4-408-16966-8
    2. 2006年2月27日発売[19]ISBN 4-408-16980-3
湯けむりスナイパーPART III
  • 原作:ひじかた憂峰、作画:松森正『湯けむりスナイパーPART III』実業之日本社〈マンサンコミックス〉、全3巻
    1. 2009年3月28日発売[20]ISBN 978-4-408-17174-6
    2. 2012年4月20日発売[21]ISBN 978-4-408-17384-9
    3. 2013年8月29日発売[22]ISBN 978-4-408-17461-7
廉価版
  • 原作:ひじかた憂峰、作画:松森正『湯けむりスナイパー』実業之日本社〈マンサンQコミックス〉、全3巻
    1. 秘境の殺し屋編 2003年10月8日発売[23]ISBN 4-408-16772-X
    2. 見えざる決闘編 2004年3月6日発売[24]ISBN 4-408-16809-2
    3. 傑作選 2009年4月3日発売[25]ISBN 978-4-408-17178-4
  • 原作:ひじかた憂峰、作画:松森正『湯けむりスナイパー』少年画報社〈ヤングキングベスト〉、既刊3巻(2021年7月26日現在)
    1. 引退した元殺し屋 2021年3月22日発売[26]ISBN 978-4-7859-6883-0
    2. 元・殺し屋、今・椿屋 2021年5月24日発売[27]ISBN 978-4-7859-6916-5
    3. 過去を捨てて来た男 2021年7月26日発売[28]ISBN 978-4-7859-6963-9

テレビドラマ[編集]

2009年4月3日から6月26日まで、テレビ東京系のドラマ24枠にて放送された。全12話。遠藤憲一の初主演作品として話題になり、「Vシネマ悪役の遠藤憲一が連ドラ初主演」と日刊スポーツの記事に書かれた。

テレビシリーズは放映回数を重ねる毎に徐々に人気が高まり、人気を博した。放映終了後の翌年、2010年1月2日の23:00(JST)に『湯けむりスナイパー お正月スペシャル』が放送され、2012年1月6日の24:12(JST)から2年ぶりのスペシャル版である『湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012』がテレビ大阪を除くテレビ東京系列局で放送された[注釈 1]

2010年4月18日よりBSジャパンでも放送され、2014年1月8日の深夜3時20分より再放送をされている。

演出を務める大根仁は、湯けむりスナイパーに特別な思い入れがあり、映画版『モテキ』の監督を引き受ける条件の1つとして、湯けむりスナイパースペシャルを作らせて欲しいと依頼をした[29]

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

サブタイトル[編集]

※ゲストも併せて記載。

  • 第1話 「新入り中年従業員源さん」「恥のかき捨て場」(2009年4月3日放送)
    • 鈴世(仲居):池津祥子
    • 田川(鈴世の元夫):真柴幸平
    • 老人客:成瀬労、野川光雄、伊藤幸純
    • ベランダの男:依田昇
    • ベランダの女:相楽かごめ
    • ホステス:ロゼリン・ヨシオ、ケイ・カムア 、スックソト・パタリカ
  • 第2話 「人生の先輩」(2009年4月10日放送)
  • 第3話 「見えざる決闘」(2009年4月17日放送)
    • 指圧師:河原さぶ
    • 男:野中隆光
    • 老松:久保田洋子
    • 枯松:清水妙
  • 第4話 「バイト用心棒」「男の夜食」(2009年4月24日放送)
    • 未払いの取立てされる男:原金太郎
    • 露天風呂の若い女:かなと沙奈、相楽かごめ
    • ホステス:ロゼリン・ヨシオ、ケイ・カムア、スックソト・パタリカ
    • その他:BJ BOSS、多門勝
  • 第5話 「怪談」「カトリーヌ山岸」(2009年5月8日放送)
  • 第6話 「駆け落ちカップル」「お忍び旅行」(2009年5月15日放送)
    • 仲城健(人気俳優):池田成志
    • アベックの男:いけだしん
    • アベックの女:佐藤真弓
    • 仲居:岡村多加江
    • 先輩芸者:久保田洋子、清水妙
    • 露天風呂の女(仲城の女):@YOU (クレジット無し)
  • 第7話 「由美のプロフィール」「Q[注釈 2]」(2009年5月22日放送)
    • 由美の父:諏訪部仁
    • 由美の母:森田美恵
    • 仲居:岡村多加江
    • トラ:TERU
    • ホステス:ロゼリン・ヨシオ、ケイ・カムア、スックソト・パタリカ
    • 男(屋台):志賀廣太郎
    • 女(使いの女):星野あかり
  • 第8話 「脅迫」「退職刑事」(2009年5月29日放送)
  • 第9話 「源の休日」「月下美人」(2009年6月5日放送)
  • 第10話 「椿屋アーリータイムス」「闇を抱く」(2009年6月12日放送)
    • 初枝(辞める仲居):安藤玉恵
    • 伊藤(従業員の男):伊藤正之
    • 体格のよい仲居:岡村多加江
    • :藤崎飛鳥
  • 第11話 「刺客の足音」(2009年6月19日放送)
  • 第12話 「殺し屋・源」(2009年6月26日放送)
    • エージェント:志賀廣太郎
    • ゴルファー:坂口拓
    • 虎(トラ):TERU
    • 仲居:岡村多加江

お正月スペシャル(2010年1月2日放送 視聴率3.4%)[注釈 3]

お正月スペシャル2012(2012年1月6日放送)

  • オープニング
    • 露天風呂客ユキ:舞阪エリル
    • 露天風呂客サオリ:綾瀬れん
  • 「夜間飛行(ナイト・フライト)」
    • 夫:大竹まこと
    • その妻:余貴美子
    • 焼き鳥屋の店主:六車香平
    • 常連客オオタケ:小路さとし
    • 常連客ミムラ:佐々木久実
  • 「殺し屋に戻った夜」
  • 「椿屋を去る日」

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ
  • エンディングテーマ
    • ARIA「YOU'RE THE BEST! feat 横山剣(CKB)」
    • クレイジーケンバンド「山の音 -そうだ、京都に行こう。REMIX-」(お正月スペシャル、お正月スペシャル2012)

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放映期間 放送日時
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 2009年4月3日 - 6月26日 金曜 24時12分 - 24時53分
北海道 テレビ北海道(TVh)
愛知県 テレビ愛知(TVA)
岡山県香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
大阪府 テレビ大阪(TVO) 2009年4月6日 - 6月29日 月曜 24時12分 - 24時53分
岩手県 IBC岩手放送(IBC) TBS系列 2009年6月12日 - 9月18日 金曜 24時59分 - 25時39分
福島県 福島中央テレビ(FCT) 日本テレビ系列 2009年6月27日 - 9月19日 金曜 25時25分 - 26時05分
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT) 2009年8月 - 土曜 24時50分 - 25時30分
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 2009年10月31日 - 2010年2月6日 土曜 24時55分 - 25時40分
和歌山県 テレビ和歌山(WTV) 独立UHF局 2010年1月9日 - 3月27日 土曜 23時55分 - 24時35分
日本全国 BSジャパン テレビ東京系列
BSデジタル放送
2010年4月18日 - 7月11日 日曜 23時30分 - 24時05分
長崎県 長崎放送(NBC) TBS系列 2010年10月7日 - 12月23日 木曜 23時50分 - 24時30分
広島県 広島テレビ(HTV) 日本テレビ系列 2011年2月18日 - 5月13日 金曜 25時03分 - 25時43分
富山県 チューリップテレビ(TUT) TBS系列 2011年3月28日 - 6月13日 月曜 24時00分 - 24時42分

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ TUTでは2012年10月15日の24:00から放送された。また放送時期が正月ではないため『湯けむりスナイパー』とのタイトル表記のみでの放送となった。
  2. ^ 通常は本編中にサブタイトルがテロップで表記されるのだが、このストーリーについては背景が白っぽいために表記が見えにくい。
  3. ^ 13-15話の他に「新入り中年従業員源さん」、「人生の先輩」が再放送された。

出典[編集]

  1. ^ a b “椿屋の源さんが帰ってきた!完全新作「湯けむりスナイパー 鼓動編」YKブルで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月6日). https://natalie.mu/comic/news/427200 2021年5月6日閲覧。 
  2. ^ 湯けむりスナイパー(1)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  3. ^ 湯けむりスナイパー(2)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  4. ^ 湯けむりスナイパー(3)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  5. ^ 湯けむりスナイパー(4)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  6. ^ 湯けむりスナイパー(5)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  7. ^ 湯けむりスナイパー(6)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  8. ^ 湯けむりスナイパー(7)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  9. ^ 湯けむりスナイパー(8)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  10. ^ 湯けむりスナイパー(9)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  11. ^ 湯けむりスナイパー(10)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  12. ^ 湯けむりスナイパー(11)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  13. ^ 湯けむりスナイパー(12)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  14. ^ 湯けむりスナイパー(13)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  15. ^ 湯けむりスナイパー(14)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  16. ^ 湯けむりスナイパー(15)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  17. ^ 湯けむりスナイパー(16)完結”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  18. ^ 湯けむりスナイパーPART2花鳥風月編(1)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  19. ^ 湯けむりスナイパーPART2花鳥風月編(2)完結”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  20. ^ 湯けむりスナイパーPART3(1)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  21. ^ 湯けむりスナイパーPART3(2)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  22. ^ 湯けむりスナイパーPART3(3)”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  23. ^ マンサンQコミックス 湯けむりスナイパー”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  24. ^ マンサンQコミックス 湯けむりスナイパー 見えざる決闘編”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  25. ^ マンサンQコミックス 湯けむりスナイパー傑作選”. 実業之日本社. 2021年5月7日閲覧。
  26. ^ 湯けむりスナイパー 引退した元殺し屋”. 少年画報社. 2021年5月9日閲覧。
  27. ^ 湯けむりスナイパー 元・殺し屋、今・椿屋”. 少年画報社. 2021年5月29日閲覧。
  28. ^ 湯けむりスナイパー 過去を捨てて来た男”. 少年画報社. 2021年8月11日閲覧。
  29. ^ 東京新聞12月3日号朝刊16面より
テレビ東京 ドラマ24
前番組 番組名 次番組
セレぶり3
(2009年1月9日 - 2009年3月27日)
湯けむりスナイパー
(2009年4月3日 - 2009年6月26日)
怨み屋本舗REBOOT
(2009年7月10日 - 2009年9月25日)