湯の丸高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
湯の丸高原
地図
湯の丸高原の森林 スキー場の林間コースとなっている

湯の丸高原(または、湯ノ丸高原)(ゆのまるこうげん)は、上信越高原国立公園に属し、湯ノ丸山の東側、浅間連峰の西側に位置する、長野県東御市群馬県吾妻郡嬬恋村にまたがる、標高1,800~2,000mの高原地帯である。

気候は、亜高山帯で湯ノ丸高原一帯は、別名「花高原」と呼ばれている。

スキー場など各種レジャー施設があり、6月下旬ごろは国の天然記念物である、60万株のレンゲツツジ大群落が一斉に咲き、冬は湯の丸スキー場として、観光客が多く訪れ、賑わいを見せている。

自然[編集]

[編集]

周辺部に、湯ノ丸山、烏帽子岳、篭ノ登山(東篭ノ登山・西篭ノ登山)、三方ヶ峰といった2,000m級の山。

気候[編集]

夏は涼しく、冬は寒い。

観光[編集]

スキー場[編集]

その他[編集]

  • レンゲツツジ大群落
  • マレットゴルフ場(45ホール)
  • 高原牧場

アクセス[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯36度25分46.45秒 東経138度25分20.07秒