湯の川停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湯の川停留場
湯の川停留場(2015年1月)
湯の川停留場(2015年1月)
ゆのかわ
YUNOKAWA
(0.5km) 湯の川温泉 DY02
所在地 北海道函館市湯川町2丁目18-14先、27-29先
駅番号 DY01
所属事業者 函館市企業局交通部
所属路線 湯の川線
キロ程 0.0km(湯の川起点)
駅構造 地上駅(停留場)
ホーム 2面1線
開業年月日 1913年6月29日
乗換 湯倉神社前(函館バス) - 乗継指定停留所
テンプレートを表示

湯の川停留場(ゆのかわていりゅうじょう)は、北海道函館市湯川町2丁目にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場で、函館市最東端の停留場である。駅番号はDY01

隣の湯の川温泉停留場との混同を避けるため、観光案内などでは湯の川(終点)と表記されることもある[1]

歴史[編集]

  • 1913年(大正2年)6月29日 - 函館水電湯川駅開業(北海道初の路面電車停留場の一つとして開業)。
    • 大正時代に作成された複数の絵葉書を見ると、木造の待合室が設けられていたことが確認できる[2]
  • 1945年(昭和20年)7月9日 - 鮫川(現:湯の川温泉) - 湯川間の単線軌道が撤去され、廃止。
  • 1959年(昭和34年)9月2日 - 1945年7月に撤去された軌道が複線で再敷設され、湯の川停留場として再開業[3]
  • 1976年(昭和51年)10月 - 現在地へ移転。

構造[編集]

周辺[編集]

その他[編集]

トミーテックのキャラクターコンテンツ、鉄道むすめの柏木ゆの(車掌)の「ゆの」は当停留場名より採られた。

隣の停留場[編集]

函館市企業局交通部
湯の川線
湯の川停留場 (DY01) - 湯の川温泉停留場 (DY02)

脚注[編集]

  1. ^ 函館市熱帯植物園 交通アクセス
  2. ^ 函館湯の川温泉場市街の景(函館名所) 湯の川電車終点待合所前通リ (函館要塞司令部御許可) 函館市中央図書館サイト内「函館の絵葉書」2011年5月11日閲覧
  3. ^ 函館市交通局の沿革”. 函館市企業局交通部. 2014年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月2日閲覧。
  4. ^ 湯倉神社前”. NAVITIME. 2019年8月19日閲覧。
  5. ^ 湯倉神社前 停留所”. 北海道バス. 2019年8月19日閲覧。
  6. ^ 乗り継ぎ制度について”. 函館バス. 2019年8月19日閲覧。

関連項目[編集]