湯上剛輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

湯上 剛輝(ゆがみ まさてる、1993年4月14日 - )は、滋賀県甲賀市出身の男子陸上競技選手。専門は円盤投。自己ベストは62m16(日本記録)。身長183cm。

経歴[編集]

生まれて間もなく先天性難聴と診断され、小学6年時に人工内耳の埋め込み手術を受ける[1]滋賀県立守山高等学校で陸上競技の投てき種目を始め、中京大学時代に円盤投げで頭角を現す。トヨタ自動車入社後、2017年サムスンデフリンピック銀メダルを獲得する。

2018年6月の第102回日本陸上競技選手権大会円盤投の3投目で、日本人として史上初めての61メートル台となる61m02の日本新記録を樹立、更に4投目で62m03、5投目でも62m16と立て続けに日本記録を更新した[2]

日本の円盤投は、川崎清貴が60m22を記録してから長く停滞の時代に入り、日本記録の更新は堤雄司が2017年に60ⅿ37を記録するまで約40年かかった[3]。湯上はこの堤の日本記録を1年かからずに更新した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 朽木誠一郎 (2018年7月9日). “難聴がある。でも、それは世界に挑戦しない理由にはならない”. BuzzFeed Japan. https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/yugami-masaharu-nr 2019年6月15日閲覧。 
  2. ^ 日本記録が2種目で誕生 デイリースポーツ新聞社 (2018-06-24). 2018年6月14日閲覧
  3. ^ 最古の日本記録更新!円盤投げ堤雄司が60m37 日刊スポーツ(2017-07-22).2017年7月22日閲覧