湯元 花の湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設全般の画像提供をお願いします。2017年8月
Hot springs 001.svg湯元 花の湯
温泉情報
所在地 北海道函館市桔梗町418番414号
座標 北緯41度50分23.4秒
東経140度44分11.7秒
座標: 北緯41度50分23.4秒 東経140度44分11.7秒
交通 鉄道 - JR北海道函館本線桔梗駅より車で6分
泉質 単純温泉
泉温(摂氏 70.1℃
湧出量 毎分650リットル
pH 6.6
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

湯元 花の湯(ゆもと はなのゆ)は、北海道函館市にある日帰り温泉施設である。

泉質[編集]

  • ナトリウム泉
  • カルシウム塩化物泉
    • 源泉温度70.1℃
    • 効能:筋肉痛、神経痛、皮膚病、消化器病、婦人病、打ち身、冷え性、便秘

駐車場(玄関横)に源泉が湧き出ている四阿(あずまや)風の建物がある。

歴史[編集]

源泉湧出地は100万年程前に噴火した横津岳(七飯町)や函館山(函館市)などの亀田半島火山群のために、炭酸ガスのついた珍しい源泉である。

施設[編集]

週替わりで男女風呂が変わる。内風呂は温泉(低温・高温(電気風呂))と白湯に入浴剤を入れた浴槽がある。露天風呂は造園屋がつくった「庭園露天風呂」であり、大浴場/脱衣所入口の左側が和風(庭園)風呂、右側が洋風(庭園)風呂である(内風呂にも一部デザインの変化がある)。

和風庭園(露天風呂)は四阿風呂、岩風呂、青石滝風呂(上の湯・下の湯)があり、特に岩風呂は一つの大きな岩をくりぬいてつくったものである。

洋風庭園(露天風呂)の浴槽は和風庭園(露天風呂)と大きな違いはないが、世界的に有名なカナダの洋風の庭園をモチーフしたものである。その中の高木にコニファーを、グランドカバーにはカルーナやエリカを始めとするヒース類を採用している。さらに、夜には庭園をイルミネーションやライトアップし、クリスマスの時期には、それにふさわしいイルミネーションがなされる。 また、和風洋風ともに、横津岳の伏流水が自由に飲める。

休憩施設は、大きな畳の小上がりとイス席があり、純和風作りの温泉旅館をイメージしたものである。また、「食事処 花の湯」「理美容室 サロンド・BB」「ボディケア・フィーノ」「函館中央整体院」があり、ゆっくり休憩できる。

さらに奥には、日帰り温泉入浴施設「湯元 花の湯」の隣に家族風呂「湯元 花家族」がある。

アクセス[編集]

200台収容できる駐車場がある。

国道5号函館新道/函館江差自動車道函館ICのすぐ近くにあるため、交通の便は良い。札幌方面や函館空港道央自動車道大沼公園インターチェンジからは約30分、JR北海道函館本線函館駅からは車で約15分、東日本フェリーターミナルからは車で約12分かかる。また、函館バスの停留所がある。