湯免温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg湯免温泉
温泉情報
所在地 山口県長門市三隅中
交通 JR山陰本線長門三隅駅下車タクシーまたはバス
泉質 単純弱放射能温泉
泉温(摂氏 37.8 ℃
pH 9.8
液性の分類 アルカリ性
テンプレートを表示

湯免温泉(ゆめんおんせん)は、山口県長門市(旧国長門国)にある温泉

泉質[編集]

ラジウムの含有量が高いことでも知られる。

温泉街[編集]

長門市(旧三隅町)が運営している日帰り温泉施設「湯免ふれあいセンター」と、民間の大型ホテルが1軒、民宿が数軒存在する。

歴史[編集]

伝承によれば、弘法大師からの仏教修行の帰途、長門国俵山村にあった能満寺にしばらく滞在した時、ある夜夢の中で「俵山より北北東、三隅の里に効能の高い温泉が湧き出ている」というお告げを聞いた。果たして里の者にその地を探させると、夢の通りの地に温泉が湧き出ていたという。その後、この温泉は大師の夢の中に出てきた温泉、ということで「ゆめ」温泉と呼ばれるようになり、それが転じて「湯免温泉」となったと言われる。

また、けがをしたウサギがこの温泉の湯で治療をしていたのを地元の行商人によって発見されたという説もある。

周辺[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]