湯原宗綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
湯原宗綱
YajirohYuhara-Harakiriiwa01.jpg
湯原宗綱の腹切岩
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文9年9月26日1540年10月25日
別名 通称:弥次郎
墓所 広島県安芸高田市吉田町池内(腹切岩)
主君 尼子経久晴久
氏族 源姓湯原親王流湯原氏
父母 父:湯原信綱
兄弟 宗綱春綱、定綱、氏綱

湯原 宗綱(ゆはら むねつな)は、戦国時代武将尼子氏の家臣。伯耆国時山城主。

湯原氏は出雲国国人大永7年(1527年)、父・湯原信綱から伯耆時山城を譲り受け城主となった。天文9年(1540年)の尼子詮久(後の晴久)による吉田郡山城の戦いに出陣した。宗綱はこの戦いで奮戦したが、池ノ内の戦いで、小早川興景大内氏援軍・杉元相、粟屋元良らに挟撃されて進退窮まり自害した。

現在でも、安芸高田市吉田町池内に宗綱の腹切岩が残っている。

出典[編集]

  • 『萩藩諸家系譜』 岡部忠雄