湯川武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

湯川 武(ゆかわ たけし、1941年 - 2014年)は、日本のイスラーム研究者。専門は、中世イスラームの史、中世イスラームの社会・政治思想史

経歴・人物[編集]

兵庫県芦屋市出身。慶應義塾大学大学院修士課程修了。1969年から1972年にかけ、また1974年から1976年にかけてカイロ・アメリカ大学やプリンストン大学へイスラーム史研究のため、留学。慶應義塾大学商学部助教授、教授を経て同大学名誉教授。2007年から早稲田大学イスラーム地域研究機構教授。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『イスラーム社会の知の伝達』山川出版社、2009年。

共著[編集]

  • 『イスラム世界の人びと4 海上民』 東洋経済新報社、1984年。 - 家島彦一渡辺金一
  • 『語学・論文の書き方 アカデミック・スキルズ』 慶應義塾大学出版会、2012年。 - 佐藤望・横山千晶との共著

編著[編集]

  • 『講座イスラーム世界5 イスラーム国家の理念と現実』 栄光教育文化研究所、1995年。

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • アルバート・ホーラーニー『アラブの人々の歴史』 第三書館、2003年。 - 監訳。阿久津正幸編訳
  • アル=マーワルディー『統治の諸規則』 慶應義塾大学出版会、2006年。

出典[編集]

  • 『イスラム世界の人びと4 海上民』筆者紹介
  • 『イスラーム社会の知の伝達』著者紹介