湯本温泉絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

湯本温泉絵図(ゆもとおんせんえず)は、日本の絵図。

幕末頃に湯田温泉峡湯本温泉に逗留した秋田[要曖昧さ回避]の絵師が書き残した。

湯本温泉の全景、盛岡方面からの道沿いに軒を並べる旅館の風景、湯本の薬師神社、湯本上・湯本中・湯本下の基本的な配置は今とほとんど変わっていない。

湯本温泉の中央食堂に、この写本が飾られている。