湯本 (箱根町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 足柄下郡 > 箱根町 > 湯本 (箱根町)
湯本
—  大字  —
箱根登山鉄道箱根湯本駅
湯本の位置(神奈川県内)
湯本
湯本
湯本の位置
座標: 北緯35度13分56.7秒 東経139度6分24.5秒 / 北緯35.232417度 東経139.106806度 / 35.232417; 139.106806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
足柄下郡
市町村 Flag of Hakone, Kanagawa.svg 箱根町
標高 108m (354ft)
人口 (2015年(平成27年)10月1日現在)[1]
 - 計 2,333人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 250-0311[2]
市外局番 0460 (小田原MA)[3]
ナンバープレート 湘南

湯本(ゆもと)は、神奈川県足柄下郡箱根町の地名である。郵便番号は250-0311[2]

箱根町役場が所在する町であり、箱根の玄関口である箱根登山鉄道箱根湯本駅箱根湯本温泉などで知られる。

地理[編集]

箱根町東部に位置する町で、箱根町の湯本茶屋、塔之澤大平台、宮ノ下、小涌谷畑宿、須雲川、および小田原市早川入生田(いりうだ)と隣接する。

東西に細長い町であるが、温泉街や人家は東部地域の箱根湯本駅周辺に集中している。西部地域は鎌倉時代に箱根越えの道として歩かれた鎌倉古道・湯坂路(ゆさかみち)が通る湯坂山〜浅間山鷹巣山の山稜部であるため[4]、人家は全くない。

東部の温泉街には須雲川(すくもがわ)と早川が流れ[4]、須雲川沿いには旧東海道である神奈川県道732号湯本元箱根線が、早川沿いには東海道国道1号が走る。須雲川は箱根湯本駅付近で本流である早川と合流し、相模湾に向かって流下する。

[編集]

河川[編集]

[編集]

  • 初花ノ滝(はつはなのたき)
  • 玉簾の滝(たまだれのたき)
  • 飛烟の滝(ひえんのたき)

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
湯本 1,218世帯 2,333人

施設[編集]

  • 本間寄木美術館
  • 箱根湯本温泉
    • 箱根BBQガーデン姫の台所
    • 湯本富士屋ホテル
    • ホテル南風荘
    • ホテルおかだ
    • 箱根水明荘
    • かっぱ天国
    • 大和館

交通[編集]

鉄道[編集]

箱根湯本駅に停車する小田急ロマンスカー(VSE
※箱根登山鉄道の駅であるが、小田急電鉄の普通列車、特急列車(ロマンスカー)も乗り入れる

バス[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)”. 総務省統計局 (2017年5月30日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ a b 『箱根 金時山・駒ヶ岳 2011年版 (山と高原地図 29)』 昭文社、ISBN 978-4398757692

関連項目[編集]