湯村輝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

湯村 輝彦(ゆむら てるひこ、1942年11月1日 - )は、イラストレーターデザイナー漫画家、音楽評論家。ヘタウマなイラストと、スウィート・ソウルなどのR&Bや、Gラップのフリークとしても知られる日本グラフィック界のベテランである。東京都新宿区角筈(現在の西新宿)生まれ。ペンネームはTerry Johnson(テリー・ジョンスン)、ゴンゾ。また、かつては、「FLAMINGO TERRY」、「FRAMINA TERRENO GONZO」、「TERRINO FLAMINI' GONZAREZ」、「紅鶴照万太」などのペンネームも用いていた。愛称は「キング・テリー」(略して、「キンテリ」とも)。

「フラミンゴ・スタジオ」主宰。イラストレーターの湯村タラは妻で、おしどり夫婦として知られる。また、長男もRICKY名義でイラストレイター、デザイナーとしての活動を行っている。

人物・経歴[編集]

父親は明治座の支配人で、そのため、幼稚園から中学2年まで、月に1回は歌舞伎を見にいったという。裕福であったため、少年漫画雑誌はすべて購読。なかでも杉浦茂の大ファンで、単行本をコンプリートしていという。また、一人っ子で甘やかされ、病弱な少年だったという。

中学3年の時に、父親が倒れ、それからは新聞配達のアルバイトなどをし、家計を助けた。だが、高校時代は不良となり、「銀流し(馬鹿だんなのこと)の輝さん」と新宿の人々から呼ばれたという。

その後も感情の起伏が激しい時代が続くが、現在の妻のタラ(湯村が32歳の時に出会い、1977年の35歳の時に結婚。なお、湯村は20代の時に1度結婚し、別れている。)と出会ってから、穏やかな性格になったという。

青山学院中等部から、同高等部に進み1961年卒業。多摩美術大学を受験するが失敗し、YMCA英語学校にて浪人生活をする。翌年、多摩美術大学平面図案科(現在のグラフィック・デザイン科)入学。山名文夫に師事する。

1966年春、卒業制作課題違反連続のため、卒業が秋まで延期される。だが、この卒業制作のひとつが「アイデア」誌の優秀作品に選ばれる。在学中から、同大学の先輩、和田誠を尊敬していた。また、中学、高校、大学を通じての先輩にあたるのが原田治だった。

卒業後、デザイン事務所につとめるが、3か月で通勤が嫌になり、会社に願い出て嘱託勤務となり、自宅で仕事をするようになる。

最初のイラストレーションの仕事は『週刊女性自身』のコラムのカットであった。やがて、三菱石油のためのイラストレーションがメインの仕事となる。この仕事で、1968年度東京イラストレーターズ・クラブ新人賞を受賞。嘱託だった会社からも完全に独立し、専業のイラストレーターとなる。

受賞記念パーティで矢吹申彦を知り、意気投合してY2というチームを作る。その後、河村要助も参加し、「100パーセント・スタジオ」と改名する。

このころ、グラフィック・デザイナーの舟橋全二と知り合う。当時は「ブッシュ・ビン・スタジオ」の全盛期であり、大きな刺激を受ける。また、アート・ディレクター江島任を知り、またも刺激を受ける。

不二家ペコちゃんポコちゃんの「ビビ・ビビ」というチョコレートの仕事をする。また、「男の雑誌 NOW」(文化出版局)で、イラストレーションや漫画を描く等する。

1972年に、「100パーセント・スタジオ」を解散。1974年、河村要助原田治佐藤憲吉大西重成と「ホームラン」というイラストレーター・チームを結成。ニュース・ペーパー「ホームラン」を創刊する。しかし数か月でこのチームは分解する。

1975年、自身のスタジオで現在まで続く、「ORIGINAL FLAMINGO STUDIO」を創設。メンバーは、イラストレーターのペンギンジョーこと永井博、アート・ディレクターの秋山政美、カメラマンの吉岡英隆、コピーライターの糸井重里等であった。

1976年、糸井とともに制作した、ウェルジンの広告でADC賞を受賞する。このころは、マイナーな仕事を多数こなしていた。また糸井と共作の絵本『さよならペンギン』(すばる書房)を刊行する。

同年、「NOW」での湯村の漫画作品を読んでいた漫画雑誌『ガロ』の編集者である南伸坊から、漫画執筆を依頼される。湯村は、糸井重里の原作で「ペンギンごはん」という作品を発表。かわいいペンギンが登場するが、ストーリーは陰惨な内容というパンクな作品であった。以降も『ガロ』に「ペンギンごはん」シリーズ作品を発表し(1977年は『ガロ』の表紙も1年間担当した)、1980年に『情熱のペンギンごはん』として刊行。ヘタウマ漫画の金字塔となり、1980年代におきるヘタウマブームの先駆となる。

1977年資生堂より、"KENZO SHOW IN TOKYO"の仕事が入る。以後メジャーな仕事がふえる。

以降、広告のイラスト、雑誌や書籍やレコードやCDのカバー絵、雑誌のイラスト、絵本などを手がけ、その個性的な、エロで生々しい匂いを放つ絵柄で、現在も精力的に活動を続けている。

イラスト界の大御所でありながら、現在も大企業等のメジャーな仕事から、小部数の雑誌等のマイナーな仕事まで、非常に幅広くてがけている。近年では、クレイジーケンバンドのCDのジャケット・ワークを手がけていることで知られる。

また、現在は「フラミンゴ・スタジオ」は主にデザインをやっており、「デザイン事務所の社長」でもある。

また、スウィートなソウル・ミュージックやギャングスタ・ラップのマニアであることから、『湯村輝彦ヒットパレード』『甘茶ソウル百科事典』『ギャングスタ・ラヴ』という音楽本も刊行している。27歳からをわずらっており、痔についての本も刊行。またハゲについての絵本も刊行している。

また、猫好きでもあり、愛猫5匹との日常を綴ったほのぼのエッセー「テリーのネコメロ」を「アックス」誌に連載中(2008年初め現在)。

著書[編集]

  • なりたがりやのくも(白石かずこ文、湯村画の絵本) 岩崎書店, 1978.6
  • さよならペンギン(糸井重里文、湯村画の絵本) すばる書房, 1976.7 - のち、「ほぼ日ブックス」で再刊
  • こよみのこよみ 詞・曲:和田誠、絵:湯村+和田誠 すばる書房 1977 - 娘「湯村暦」へのプレゼント絵本。1月から12月までの歌のカレンダーで構成。
  • Moon-lite Cocktails(構成:養父正一の絵本) CBSソニー出版 1979年
  • 情熱のペンギンごはん(糸井重里原作、湯村画) 情報センター出版局, 1980.6
  • 湯村輝彦ヒットパレード 美術出版社, 1981.7
  • テリー百% PARCO出版, 1981.5
  • ハツラツマガジン記念特別号 特集湯村輝彦の全て 大塚製薬 -湯村がオロナミンCの広告を担当したことから、その広告の集大成。
  • どすこいイラスト アートーン・マガジン 宣伝会議 1983.11
  • こども用 One dozen adult stories(糸井重里文、湯村画) 松文館 1984.1
  • イラスト劇場 VOL.4 BIGナンセンス 学習研究社 1984.12
  • にっぽんのえ 現代トップアーティスト自選集1 河村要助vs.湯村輝彦 小学館, 1984.12
  • ヘタうま略画・図案辞典(テリー・ジョンスン名義) 誠文堂新光社, 1986.12
  • キンテリのモンスターリミックス(テリー・ジョンスン名義、ポストカード・ブック) 架空社 1998.12
  • ももたろう(川崎洋文、湯村画の絵本) 三起商行, 1987.11 (ミキハウスの絵本)
  • うらしまたろう(川崎洋文、湯村画の絵本)三起商行, 1989.11 (ミキハウスの絵本)
  • ほらふきたろう(川崎洋文、湯村画の絵本)三起商行, 1989.11 (ミキハウスの絵本)
  • 完本 情熱のペンギンごはん(糸井原作、湯村画) 筑摩書房, 1993.7
  • 走れゴン こんぴら狗物語(多田とし子文、湯村画の絵本) フレーベル館, 1994.1
  • 甘茶ソウル百科事典(Terry Johnson名義、Moody Moony及びBilly Blackmonとの共著) ブルース・インターアクションズ 1997.12
  • 湯村輝彦の痔慢!! 30年つれそった“愛いヤツ”へのラブレター 祥伝社, 1999.6
  • ハゲハゲライフ 十人十色(相馬公平文、湯村画の絵本) 架空社, 1999.3
  • ギャングスタ・ラヴ Gonzo presents. v.1(2001) (ゴンゾ名義で監修)ブルース・インターアクションズ 2001.1
  • 決定版 ヘタうま大全集(テリー・ジョンスン名義) ブルース・インターアクションズ, 2005.5
  • テリー・ジョンスンひみつ手帳(テリー・ジョンスン名義) G.B. 2005.11
  • THE BEST OF EROTIC JACKET (テリー・ジョンスン名義、ムーディ・ムーニー,黒門ビリー共著,ゴンゾスタ(特別監修) スペースシャワーネットワーク 2011.2

挿絵を担当[編集]

  • 迷探偵スベントン登場(オーケ・ホルムベルイ作) 講談社, 1971
  • いえ、ちょっと 愛と冒険のOL生活レポート(ののやま・よしたか編著) 中央公論社, 1983.3
  • いなかのねずみとまちのねずみ イソップ童話(奈良橋陽子著) アスク, 1998.9
  • 数え方クイズ100(飯田朝子著) 小学館, 2005

展覧会[編集]

西武美術館、アムステルダム・ステーデリック美術館、ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館、板橋区立美術館、AXISギャラリー、川崎市市民ミュージアム、ギンザ・グラフィック・ギャラリーなどで開催。

受賞[編集]

  • 1968 東京イラストレーターズクラブ新人賞
  • 1976 東京アートディレクターズクラブ(ADC)賞

ビデオ[編集]

  • グラフィックアート1 テリー1 1990

トリビュート[編集]

関連項目[編集]

  • あんちゃん - オープニングとエンディングのイラストを担当
  • スモーキー・ロビンソン
  • デルフォニックス - 湯村が大ファンのスウィート・ソウル・グループ
  • ジョージ・カー[要曖昧さ回避]
  • シルヴィア・ロビンソン
  • オール・プラチナム・レコード
  • ギャングスタ・ラップ
  • サンプ・レコード
  • ビリー・ブラックモン
  • ムーディ・ムーニー - 甘茶本の共著者
  • 中島貴子(タカコスタ・ロドリゲス)
  • 杉浦茂 - 湯村は青年期以降、漫画に興味がなくなるが、杉浦茂については一貫して熱狂的なファンであった。80年代に発行されたカセットテープ付マガジン『TRA』の、84年のコミックス特集号で対談もしている。
  • ヒロ杉山 - 元フラミンゴ・スタジオ勤務。
  • 戸川昌士 - 交友のある湯村ファン。レコードマニアにして、古書店「ちんき堂」主人。戸川の本の装丁はすべて湯村が手がけている。
  • こんぴら狗 - 江戸時代、「こんぴら参り」と記した袋を首にかけて、飼い主の代わりに、金毘羅大権現に参詣した犬のこと。湯村は「走れゴン こんぴら狗物語」という絵本を描き、その縁で、参道の途中に設置されている、犬の銅像のデザインをした。
  • コミックCUE - 江口寿史が編集していた漫画雑誌。湯村が全ての号の表紙を担当。
  • ザ・チョイス - 雑誌「イラストレーション」で発表される、公募式のイラストの賞。湯村は発案者で、初代審査委員。

参考文献[編集]

  • 『ザ・ヒーローズ 宝島ロング・インタビュー集』JICC出版局 1982年
  • 和田誠『仕事場対談』河出書房新社 2001年