湯沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
湯沢駅
Yuzawa Station east exit 20180721.jpg
東口(2018年7月)
ゆざわ
Yuzawa
上湯沢 (3.3 km)
(4.1 km) 下湯沢
所在地 秋田県湯沢市表町二丁目2-10
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 210.4 km(福島起点)
電報略号 ユワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
602人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1905年明治38年)7月5日[1]
備考 業務委託駅[2]
みどりの窓口
テンプレートを表示
西口(2016年12月)

湯沢駅(ゆざわえき)は、秋田県湯沢市表町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

当駅は1905年明治38年)7月5日に国鉄奥羽南線が院内駅から当駅まで延伸したのに伴い開業する。開業当初は福島駅からの奥羽南線の終着駅であったが、その2か月ほど後の1905年(明治38年)9月14日には当駅から横手駅までが開業し奥羽本線が全通、奥羽南線の駅から奥羽本線の駅となる。

1928年昭和3年)8月10日には雄勝鉄道[注釈 1]が当駅から西馬音内駅まで開業し分岐駅となったが、1973年(昭和48年)4月1日に廃止となった。

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅橋上駅舎を持つ。今はない4番線に羽後交通雄勝線が入っていた。

JR東日本東北総合サービスが駅業務を受託している横手駅管理の業務委託駅[2]。早朝・夜間は駅員が不在となる。ただし冬季は除雪要員として終日社員が配置されている。みどりの窓口自動券売機設置。

待合室内には売店の「NewDays KIOSK」がある。同業態としては東北地方2店舗目の出店[報道 6]Suica利用可。また、仙台・東京方面(大曲経由・新庄経由いずれも可)への往復JRきっぷを購入した乗客が無料で利用できる「こまち駐車場」がある(30台分)。

駅舎改築に合わせて駅前広場の再整備が行われ、旧駅舎があった東口にはタクシー乗降場などを備えたロータリーと一般車用駐車場が、新設された西口にも普通車乗降可能な小規模ロータリーが整備された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 上り 新庄山形方面
2・3 下り 大曲秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 3番線は上下共用の待避線であり、両方向の発着に対応している。定期列車としては当駅始発などの大曲・秋田方面行き列車が使用する。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は602人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,077 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,068 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,000 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 960 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 855 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 821 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 790 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 783 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 761 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 716 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 689 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 685 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 693 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 736 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 705 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 705 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 675 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 652 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 631 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 602 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

かつては湯沢・雄勝エリアの商業の中心地であったが、現在の駅周辺は著しく衰退している。サンロード・柳町(かつて大丈があった)等の商店街はシャッター通りと化し、駅前の繁栄の象徴のひとつだった、ユザワプラザのジャスコは2005年2月に閉店した。現在は大仙市に本店を置く「有限会社中央市場」が運営するスーパー、ビフレが営業。

現在の商業施設の中心が国道398号沿い(湯沢IC周辺)、新たにできたイオンSCなどの郊外店に代わられている中、今も国道13号沿いではいくつかの商業店舗が営業を続けている。

また、湯沢市では2020年度から2030年度にかけて、湯沢市が管理する公共施設の移転集約をした上で、複合施設を整備する計画が考案されている[新聞 7]

なお、市役所や公園などの公共施設も徒歩10 - 15分ほどのところにある。

バス路線[編集]

羽後交通がほとんどの路線を運行。 「湯沢駅前」と「湯沢駅前角」(駅から徒歩2分、国道13号沿い)の2つの停留所があり、系統によって通過する停留所が異なる。 また、13号を南側に10分程進むと湯沢営業所があり、中距離を含む大半のバスがここを発着する。

エピソード[編集]

かつては寝台特急や特急の停車駅で、主要駅のひとつであった。現在も市と沿線自治体が中心となって山形新幹線の延伸運動を行っている。

また、自動券売機の「もしもし券売機Kaeruくん」の導入による当駅のみどりの窓口廃止に際し、鈴木俊夫湯沢市長(当時)がJR東日本に対して「湯沢駅の無人化につながりかねない」とし、みどりの窓口を廃止しないよう要請を行った。その成果として、「みどりの窓口」名称と窓口スペースは存続することになった。

また、それに関連し、夜間駅員不在となるため、防犯上の問題を危惧した地元の住民ボランティアによるパトロール活動が行われており、深夜時間帯に駅に滞在する学生利用客の指導に当たっている。

週末パス(旧:土・日きっぷ)利用可能エリアの最北端の駅、かつ秋田県内唯一の発売駅である。

なお、横手駅から先、新庄方面側は、改札機はなく、当駅もその1つである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速(下り1本のみ運転)
湯沢駅十文字駅
普通
上湯沢駅 - 湯沢駅 - 下湯沢駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b のち羽後鉄道を経て羽後交通雄勝線になる。

出典[編集]

  1. ^ a b 「遞信省告示第395号」『官報』1905年07月03日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c 「グループ会社と一体となった駅業務委託の拡大について」提案受ける! (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道労働組合 秋田地方本部 (2020年12月24日). 2020年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月27日閲覧。
  3. ^ 「遞信省告示第483号」『官報』1905年9月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
報道発表資料[編集]
  1. ^ もしもし券売機『Kaeruくん』が指定席券売機に替わります! (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道秋田支社. 2021年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  2. ^ “湯沢駅仮駅舎使用開始について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2014年7月9日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517094116/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20140709-1.pdf 2014年7月16日閲覧。 
  3. ^ “湯沢駅東西自由通路・駅舎橋上化工事の着手について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2014年7月29日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517093958/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20140729.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  4. ^ “湯沢駅の東西自由通路および橋上駅舎の一部供用開始について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2015年10月16日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517094941/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151016-2.pdf 2015年10月19日閲覧。 
  5. ^ “奥羽本線湯沢駅 東西自由通路・駅舎完成記念式典・開業イベントの開催について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2015年11月26日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517094943/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151126.pdf 2015年11月28日閲覧。 
  6. ^ “KIOSKの新型ショップ「NewDays KIOSK」が湯沢駅にオープンします!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社、JR東日本リテールネット, (2015年10月16日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517095226/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151016-3.pdf 2015年11月1日閲覧。 
新聞記事[編集]
  1. ^ 読売新聞1936年6月9日秋田読売
  2. ^ 読売新聞1955年12月20日秋田読売
  3. ^ 『秋鉄局展開、秋田・山形両県の5駅に、ハンバーガー店-日食からノウハウ』昭和61年12月16日日本経済新聞地方経済面東北A
  4. ^ “JR東日本 「みどりの窓口」廃止へ 県内8駅 湯沢市など「撤回を」”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 31 朝刊. (2006年3月2日) 
  5. ^ “みどりの窓口リストラ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 23 夕刊. (2006年7月11日) 
  6. ^ “JR湯沢駅 橋上駅舎、自由通路が完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2015年12月7日) 
  7. ^ “湯沢駅周辺に複合施設、市計画 老朽施設を移転集約”. 秋田魁新報. (2020年5月21日). オリジナルの2020年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200915023114/https://www.sakigake.jp/news/article/20200521AK0020/ 2020年9月16日閲覧。 

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。

関連項目[編集]