湯河元臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湯河元臣

湯河 元臣(ゆかわ もとおみ、慶応元年11月24日1866年1月10日) - 昭和7年(1932年9月25日[1])は、日本の逓信官僚。

経歴[編集]

静岡県士族の後藤家に生まれ、湯河はまの養子となった。1884年明治17年)に司法省法学校に入学し、1893年(明治26年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した。逓信属となり、逓信事務官高等海員審判所審判官、逓信書記官、逓信参事官、海事局長、高等海員審判所長、管船局長を歴任した。1914年大正3年)、逓信次官に就任。

退任後は日本郵船株式会社取締役や近藤記念海事財団理事長[2]などを務めた。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国民新聞社『昭和九年 国民年鑑』
  2. ^ 『近藤記念海事財団講演 第一輯』近藤記念海事財団、1924年、p.40。
  3. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。


公職
先代:
中谷弘吉
日本の旗 逓信次官
1914 -1917
次代:
内田嘉吉