湯舟敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯舟 敏郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府貝塚市
生年月日 (1966-10-08) 1966年10月8日(52歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト1位
初出場 1991年4月10日
最終出場 2001年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2002, 2012 - 2014)

湯舟 敏郎(ゆふね としろう、1966年10月8日 - )は、大阪府貝塚市出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者、野球解説者。現役時代の登録名は「ゆふね」だったが、本名は「ゆぶね」と濁る。

現役時代はストレートスライダーカーブフォークを持ち球とした投球で活躍した。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

興國高等学校では左翼手としてクリーンナップを打っていた。その後は奈良産業大学に進学、野球部の第1期生となり、エースとして活躍。2年春に1部リーグに昇格し、同年秋には優勝、そのシーズンから近畿学生リーグ5連覇を果たした。大学通算26勝2敗。4年時には第17回日米大学野球選手権の日本代表に、後に阪神でチームメイトとなる葛西稔らと共に選出された。

1989年藤村富美男の長男・藤村哲也が監督として率いていた本田技研鈴鹿に入社。1年目からNTT東海の補強選手として都市対抗に出場したが、野茂英雄を擁する新日鐵堺の前に初戦敗退。同年、野茂らとともに全日本代表に選出されたが、これは後に「あの年の代表ならプロの力を借りずとも世界で戦えただろう」と言われた[誰によって?]チームとなった。翌年はエースとしてチームを都市対抗出場に導き、社会人野球日本選手権にも出場。ベスト8進出を果たし、2年連続で全日本代表に選出された。

1990年ドラフトでは小池秀郎の外れ1位として阪神タイガースに指名され入団。既婚で子供がいたため、「子連れルーキー」として話題になった。

プロ入り後[編集]

入団初年度の1991年オープン戦での投球を見た監督の中村勝広から「大大大戦力」と評価され、この年こそ5勝11敗の成績だったが、キレのある速球とスライダーを武器に2年目の1992年に頭角を現し、6月14日の対広島東洋カープ14回戦(甲子園)でチームとしては1973年江夏豊以来19年ぶりとなるノーヒットノーランを達成し、その次の6月20日の対読売ジャイアンツ14回戦(甲子園)でも勝ち、当時10連勝をしていた巨人の連勝を止めた。しかし、シーズン終盤に田村勤が故障で離脱、一時的に抑えとして起用された10月7日の対ヤクルトスワローズ25回戦(神宮球場)では押し出し四球を与えて救援失敗。ブルペンではヤクルト戦に強い御子柴進が投球練習していたこともあり、元々立ち上がりが悪かった湯舟をなぜ起用したのかと、中村監督の采配にファンから不満が続出した。この1戦を落とした阪神は3日後の対ヤクルト26回戦(甲子園)に湯舟を中2日で先発させたが、2回2失点で敗戦投手となり、この試合でヤクルトの優勝が決まった。この年、湯舟は11勝を挙げ、6月・9月には月間MVPを獲得する活躍を見せ、チームもヤクルトと最後まで優勝を争ったが、最終的には2位タイに終わった。

1993年、阪神のエースとなり、オールスターにも出場。自己最多の12勝を挙げた。1994年には初の開幕投手を務めた。しかし打線が貧弱だったこともあり、自身は規定投球回をクリアし防御率3.05の好成績を残しながらも5勝7敗に終わった。

1995年、2年連続の開幕投手に抜擢され自身最多の奪三振数を記録したが、前年以上にチームが貧打だった上に自身の被安打・被本塁打も増え、2年連続5勝に終わりリーグ最多敗戦投手となった。1996年は自身も不調に苦しみ、シーズン途中長期で先発ローテーションから外れた。辛うじて規定投球回には達したが3年連続5勝止まりで14敗を記録。当時右のエースであった藪恵壹と共に2年連続最多敗戦投手の不名誉な記録を残した(左腕投手ではNPB初の連続リーグ最多敗戦投手となった)。

1997年は不調から復活し、4年ぶりの10勝を挙げチームの最下位脱出に貢献したが、翌1998年、開幕から先発ローテーションに入っていたものの4月終盤に本塁バックアップ時に軸足を骨折し故障。結局この年の登板は4試合とシーズンの大半を棒に振った。以降は軸足の故障から満足な成績を残すことができず、2000年オフに山崎一玄北川博敏と共に酒井弘樹面出哲志平下晃司との3対3の交換トレード大阪近鉄バファローズへ移籍。

2001年シーズン前、前年に3年ぶりの完封勝利、さらに8年ぶりのシーズン複数完封勝利を記録し復活の兆しもあったことや、投手不足だったチーム事情から一時は移籍即開幕投手の声も上がっていたが、開幕するとまたしても故障の影響で出遅れた。先発1試合・中継ぎ36試合の計37試合に登板。4月25日の対西武ライオンズ戦で通算60勝となる勝利を挙げ、チームもリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズでの登板はなくシーズン終了後に現役引退。

現役時代は打たれても抑えていても、感情を表情に出さず、常に穏やかな表情でマウンドに上がっていたことから「球界屈指のポーカーフェイス」と呼ばれた。また、阪神時代は木戸克彦と相性がよく、名コンビとして鳴らした。

現役引退後[編集]

2002年に阪神の二軍投手コーチとなったが、ファーム調整の福原忍を悪くしたため、1年で退任。2003年には毎日放送ラジオ解説者を務めた(伊藤敦規遠山奬志と3名で「トラ番」として登場する本数契約)。

2004年に専属契約で朝日放送の解説者に就任、さらに日刊スポーツの評論家となった。サンテレビ解説者(朝日放送からの出向扱い)も兼任するほか、兵庫県西宮市で炭火焼肉店「牛若丸」を経営していた。

2012年から阪神二軍投手コーチとして約10年ぶりに現場復帰。背番号は「79」となった[1]2014年、契約が満了し退団[2]

2015年からは再び朝日放送・サンテレビ・Tigers-ai解説者、日刊スポーツ評論家を務める。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 阪神 23 18 3 2 0 5 11 0 -- .313 495 112.0 114 8 50 2 1 114 7 0 63 58 4.66 1.46
1992 27 22 7 4 1 11 8 0 -- .579 603 146.2 113 14 65 4 0 136 3 1 51 46 2.82 1.21
1993 23 23 4 1 0 12 6 0 -- .667 671 161.0 158 14 61 3 1 131 2 0 64 63 3.52 1.36
1994 23 22 2 0 0 5 7 0 -- .417 552 130.0 114 15 65 2 1 109 2 0 50 44 3.05 1.38
1995 33 26 2 0 0 5 13 1 -- .278 757 172.2 175 23 74 3 3 157 6 0 81 76 3.96 1.44
1996 29 20 1 0 1 5 14 2 -- .263 591 132.0 165 17 47 5 1 98 11 0 75 71 4.84 1.61
1997 27 21 3 1 1 10 6 0 -- .625 590 136.2 152 14 53 2 3 76 5 0 60 54 3.56 1.50
1998 4 4 0 0 0 1 1 0 -- .500 69 16.1 17 0 7 0 0 10 1 0 7 7 3.86 1.47
1999 13 12 0 0 0 1 6 0 -- .143 273 56.2 76 6 29 1 3 41 0 0 39 36 5.72 1.85
2000 18 17 3 2 1 4 7 0 -- .364 384 84.2 95 8 28 2 6 43 1 1 54 49 5.21 1.45
2001 近鉄 37 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 158 33.2 37 3 23 0 1 14 1 0 20 20 5.35 1.78
通算:11年 257 186 25 10 4 60 79 3 -- .432 5143 1182.1 1216 122 502 24 20 929 39 2 564 524 3.99 1.45
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:2回 (投手部門:1992年6月、1992年9月)

記録[編集]

初記録
  • 初登板・初先発登板:1991年4月10日、対読売ジャイアンツ2回戦(阪神甲子園球場)、3回1/3を4失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回表に篠塚和典から
  • 初勝利:1991年4月14日、対ヤクルトスワローズ2回戦(阪神甲子園球場)、8回表1死より3番手として救援登板、2/3回無失点
  • 初先発勝利:1991年5月25日、対広島東洋カープ8回戦(阪神甲子園球場)、7回2/3を1失点
  • 初完投勝利:1991年8月25日、対中日ドラゴンズ22回戦(阪神甲子園球場)、9回1失点
  • 初完封勝利:1991年9月14日、対広島東洋カープ20回戦(広島市民球場
  • 初セーブ:1995年9月15日、対中日ドラゴンズ22回戦(阪神甲子園球場)、9回表に3番手として救援登板・完了、1回無失点
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 15 (1991年 - 2000年)
  • 34 (2001年)
  • 91 (2002年)
  • 79 (2012年 - 2014年)

登場曲[編集]

関連情報[編集]

出演番組[編集]

過去

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯舟敏郎氏のファームコーチ就任について”. 阪神タイガース (2011年11月2日). 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ 来季のコーチ契約について”. 阪神タイガース (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  3. ^ 月刊タイガース2000年5月号45p

関連項目[編集]