湾岸ニュースターカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湾岸ニュースターカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 愛知県競馬組合
競馬場 名古屋競馬場
第1回施行日 2018年1月1日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け SPII
賞金 1着賞金150万円
出走条件 サラブレッド系3歳、東海地区デビュー馬
負担重量 定量
出典 [1]
テンプレートを表示

湾岸ニュースターカップ(わんがんニュースターカップ)は、愛知県競馬組合名古屋競馬場で施行する地方競馬重賞競走(SPII)。

副賞は日刊スポーツ新聞社賞[2]

概要[編集]

2018年に東海地区デビューの明け3歳馬による重賞競走として新設。第1回は同年元日に名古屋競馬場のダート1600mで施行された。

2020年より夏季開催に移行される予定。

条件・賞金等(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳オープン、東海地区デビュー馬
負担重量
定量
賞金
1着150万円、2着37万5000円、3着18万円、4着12万円、5着7万5000円、着外1万5000円[1]

歴史[編集]

  • 2018年 - 明け3歳の東海デビュー馬限定の重賞競走として新設。名古屋競馬場ダート1600mで施行。
  • 2019年 - 距離を1400mに変更。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2018年1月1日 1600m サムライドライブ 牝3 愛知 1:45.5 丸野勝虎 角田輝也 (株)グリーンファーム
第2回 2019年1月1日 1400m ブライアンビクター 牡3 笠松 1:30.2 藤原幹生 大橋敬永 廣瀬普

競走結果の出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋競馬番組要綱・賞金等支給基準(平成30年度)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ 平成30年度 第22回 名古屋競馬番組 新春シリーズ (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年12月30日閲覧。