湾岸共通通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

湾岸共通通貨(わんがんきょうつうつうか)は、湾岸協力会議(GCC)が将来導入(但し、オマーンアラブ首長国連邦は脱退を表明)[1]を計画している共通通貨。正式呼称はまだないが、「ハリージー(英語:Khaleeji、アラビア語:خليجي)」、湾岸ディナールなどと称される。当初の計画では2010年までに導入を予定していたが、現在のところ2015年以降に導入が遅れる見通しである[2]

この通貨を示すローマ字を使用した通貨記号としては、「G」に縦棒を引いた記号が提案されている[3]

2009年3月24日、GCCのアルカウド事務総長補代理は2010年発行の延期は避けられないとの見通しを示した[4]

2009年5月5日湾岸協力会議は通貨評議会をサウジアラビアリヤドに設けることを決めた[5]。通貨評議会は将来の設立を目指す統一中央銀行の土台となる。

2009年5月21日アラブ首長国連邦(UAE)は通貨統合計画からの脱退を表明した[1]。すでにオマーンが脱退を表明。UAEで2カ国目となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b “UAE、湾岸通貨統合への不参加を表明”. ロイター. (2009年5月21日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-38138720090521 
  2. ^ The Edge "Khaleeji Currency Revisited" [1] (The EDGE 4.1, January 2012)
  3. ^ http://www.gulfcurrency.org/
  4. ^ “通貨統合、延期見通し 湾岸5産油国”. NIKKEI NET(日経ネット). (2009年3月25日). http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090325AT2M2502525032009.html 
  5. ^ “「湾岸」通貨評議会をリヤドに設置へ”. NIKKEI NET(日経ネット). (2009年5月6日). http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090506AT2M0502P05052009.html 

関連項目[編集]