源仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

源仁(げんにん、弘仁9年(818年)- 仁和3年11月22日887年12月14日))は、平安時代前期の真言宗。出自については不詳である。池上僧都・南池院僧都・成願寺僧都とも称される。

略歴[編集]

護命に法相教学を、ついで実恵密教を学び,真雅宗叡灌頂を受けた。878年元慶2年)内供奉十禅師に任じられ、以後883年(元慶7年)に律師、885年(仁和元年)に少僧都・東寺二長者に至った。学名が高く南池院成願寺を建立して宗義を講じた。弟子の益信が広沢流を、聖宝が小野流を開いて、以後東密はこの2流に分かれた。