源信雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源信雅
時代 平安時代後期
生誕 承暦3年(1079年
死没 保延元年5月5日[1]1135年6月27日
改名 家定(初名)→信雅
官位 正四位下陸奥守
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
藤原忠実
氏族 村上源氏
父母 父:源顕房、母:藤原伊綱娘・顕雅母
兄弟 賢子雅実顕仲、雅俊、国信、師子、相覚、顕雅定海、隆覚、信雅、覚樹、雅兼、清覚、雅光、覚雅、御匣殿、
季房、雅隆、顕覚、藤原顕隆室、
藤原師実室、別当殿、堀河院承香殿
源国明または為家娘、源国房
成雅、雅仲、忠信、顕成、頼季、季定、長雅、遠雅、房覚、円雲、真寛、寛顕、平忠盛妾、藤原頼長室、藤原光忠室、
大炊頭為重室
テンプレートを表示

源 信雅(みなもと の のぶまさ)は、平安時代後期の貴族村上源氏右大臣源顕房の六男。官位正四位下陸奥守

経歴[編集]

馬権頭[2]の任にあった寛治7年(1093年)に昇殿永長元年(1096年)の大田楽においては、源重資らと共に小鼓を打つ。承徳2年(1098年)正月に右少将長治元年(1104年)に従四位下。散位を経て長治2年(1105年)3月以前に[3]加賀介に任ぜられ、同職を長く務めた後に大治3年(1128年)に陸奥守。その後重任し、在職のまま保延元年(1135年)に卒去。

藤原忠実の家司を務め、その衆道の相手でもあったとされる。『富家語』には、忠実が信雅とその子・成雅の容貌を比較して批評した話が収録されている。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中右記』保延元年5月15日条
  2. ^ 『中右記』には左馬権頭、右馬権頭の両方の表記がある。
  3. ^ 竹鼻[1984: 189]
  4. ^ 今鏡』による。『尊卑分脈』では藤原良任または良綱の娘とする。

出典[編集]

  • 竹鼻績『今鏡 (下)』講談社学術文庫、1984年