源兼定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源兼定
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代初期
生誕 久安5年(1149年
死没 建保4年6月16日1216年7月2日
改名 雅能(初名)→兼房→兼定
官位 従三位治部卿
主君 鳥羽上皇近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇
氏族 村上源氏雅兼
父母 父:源雅頼、母:源盛定娘
兄弟 兼定兼忠、頼房、範雅、明昌、任雅、定真、聖雅、中院通方室、西園寺公経
定平、兼平、家兼、隆兼、定実、国平、兼遍、澄舜、定成
テンプレートを表示

源 兼定(みなもと の かねさだ)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿

経歴[編集]

村上源氏雅兼流、権中納言源雅頼の長男。官位従三位治部卿

母は太皇太后宮少進・源盛定の娘。初名は雅能、兼房と改名し、さらに兼定と改めた。弟・兼忠に比べると極めて遅い昇進であるため、雅頼の事実上の嫡子は兼忠であったと考えられる。生母の出自も兼忠の母の方が格上である。

官歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 禎子合爵。
  2. ^ この時、雅能から兼房に改名。
  3. ^ この時、兼ね房から兼定に改名。
  4. ^ 高松院の安元2年御給。
  5. ^ 前年10月に弟兼忠は参議に任ぜられている。
  6. ^ この時、蔵人を辞める。木工頭は元の如し。
  7. ^ 息男家兼を左近衛権少将に挙任のため。
  8. ^ 息男定平を侍従に挙任のため。

出典[編集]