源兼澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源兼澄
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 兼隆
官位 従五位上加賀守
主君 一条天皇三条天皇
氏族 光孝源氏
父母 父:源信孝
大中臣能宣娘、藤原相如
頼兼、藤原周頼室、右衛門
テンプレートを表示

源 兼澄(みなもと の かねずみ)は、平安時代中期の貴族歌人。初名は兼隆光孝源氏右大弁源公忠の孫。鎮守府将軍・源信孝の子。

経歴[編集]

東宮・師貞親王(のち花山天皇)の東宮帯刀を経て、五位蔵人に補任される。一条朝にて陪膳を務め、永延2年(988年)時に蔵人左衛門尉検非違使であった。右馬允式部丞若狭守加賀守を歴任して、位階は従五位上に至った。若狭守の官職にあった長徳3年(997年商人である朱仁聡から暴行事件を起こされている。

歌人として活躍し、永観元年(983年)一条大納言為光家障子歌、寛和元年(985年)道兼家歌会、長保3年(1001年)東三条院四十賀屏風歌、長保5年(1003年)藤原道長家歌合などに出詠。寛弘9年(1012年三条天皇大嘗会では悠紀方の和歌を詠進する。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に11首が採録されている。大中臣輔親清原元輔安法恵慶藤原実方ら周囲の歌人とも多く交流した。家集に『兼澄集』がある。

官歴[編集]

小右記』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

出典[編集]

  • 大日本史料長和元年11月22日条
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年
  • 小町谷照彦 「源兼澄」『国史大辞典 第13巻』吉川弘文館、1992年