源国明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源国明
時代 平安時代後期
生誕 康平7年(1064年
死没 長治2年4月17日1105年6月1日
別名 藤原国明
官位 正四位上内蔵頭伊予守
主君 白河上皇
氏族 藤原北家中関白家醍醐源氏
父母 父:藤原師基、母:源定良の娘
養父:源俊明
兄弟 養兄弟:能俊実明能明明賢憲明俊源増俊隆絮静観藤原忠教継室
不詳
源信雅室?、源雅俊室
養子:為忠
テンプレートを表示

源 国明(みなもと の くにあき)は、平安時代後期の貴族藤原北家中関白家、藤原師基の子。官位正四位上内蔵頭伊予守。史料上では源・藤原両姓の表記が錯綜している。

経歴[編集]

父の婿であった源俊明の養子となったが、この頃になると醍醐源氏も振るわなくなってくる。

左衛門佐越後守備前守などを歴任した。白河天皇の乳母子であり白河院庁の執行別当を務めた。

系譜[編集]

出典[編集]

  • 『国史大辞典 第13巻』吉川弘文館 国史大辞典編集委員会(編)ISBN 4642005137