源基綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源基綱
時代 平安時代後期
生誕 永承5年(1050年
死没 永久5年12月30日1118年1月23日
官位 従二位権中納言
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源経信、母:源貞亮娘
兄弟 道時、基綱俊頼、信証
摂津守章行娘
時俊、信綱、敦経、藤原定実室、
源行宗室、藤原為隆
テンプレートを表示

源 基綱(みなもと の もとつな)は、平安時代後期の公卿宇多源氏大納言源経信の次男。官位従二位権中納言

経歴[編集]

康平8年(1065年大舎人権助を務め、治暦3年(1067年)二月式部少丞に任じ、同年九月従五位下に叙される。

治部少輔少納言土佐権守を歴任した後、承保3年(1076年正五位下に昇る。永保元年(1081年右少弁に任ぜられた後、左少弁、右中弁と昇進し、その功で従四位下に昇叙されている。寛治3年(1089年)正四位下・權左中弁となる。

寛治8年(1094年)右大弁となる。永長2年(1097年周防権守蔵人頭を経て承徳2年末から承徳3年(1099年)にかけて参議、左大弁、さらに勘解由長官を兼任し公卿に列す。康和2年(1100年)には従三位に昇る。

康和6年(1104年正三位嘉承元年12月(1107年1月)には権中納言に昇る。天仁2年(1109年)従二位・治部卿に至る。

永久4年(1116年大宰権帥に任ぜられる。9月26日に罷申のため参内[1]。11月7日に現地に赴任した[2]。翌永久5年12月(1118年1月)に任地で薨去。享年68。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』に従う。

  • 康平8年(1065年)3月29日:大舎人権助
  • 治暦3年(1067年)2月6日:式部少丞、9月28日:従五位下(馨子内親王内外官代被名)
  • 治暦5年(1069年)4月6日:治部少輔
  • 延久2年(1070年)正月29日:少納言
  • 延久4年(1072年)正月5日:従五位上(少納言労)
  • 承保2年(1075年)正月28日:土佐権守
  • 承保3年(1076年)正月5日:正五位下(労)
  • 承暦元年(1077年)12月:蔵人
  • 永保元年(1081年)8月8日:右少弁(蔵人如元)
  • 応徳元年(1084年)6月23日:左少弁、8月25日:右中弁
  • 応徳2年(1085年)正月6日:従四位下(弁労)
  • 寛治3年(1089年)正月5日:従四位上(弁)、正月28日:権左中弁、3月12日:正四位下(春日行幸行事賞)
  • 寛治8年(1094年)6月12日:右大弁
  • 永長2年(1097年)正月29日:周防権守 正月27日:蔵人頭
  • 承徳2年12月17日(1099年1月11日):参議、左大弁
  • 承徳3年(1099年)4月9日:勘解由長官
  • 康和2年(1100年)7月23日:従三位(造宮行事賞)
  • 康和3年(1101年)2月9日:周防権守
  • 康和6年(1104年)正月6日:正三位(大弁労)
  • 嘉承元年12月27日(1107年1月22日):権中納言
  • 時期不詳:治部卿
  • 天仁2年(1109年)正月6日:従二位(石清水賀茂行幸行事賞)
  • 永久4年(1116年)正月30日:太宰権帥、11月7日:赴任

系譜[編集]

  • 父:源経信
  • 母:源貞亮の娘
  • 妻:摂津守章行の娘
    • 長男:源時俊(?-?)
  • 生母不明の子女

脚注[編集]

  1. ^ 殿暦』永久4年9月26日条
  2. ^ 公卿補任』永久4年条