源師賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源師賢
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 長元8年(1035年
死没 永保元年7月2日1081年8月9日
別名 号:藤津弁
官位 正四位下左中弁
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源資通、母:源頼光
兄弟 師賢政長、成仲、師俊、為忠、
源経成
寛助藤原師実室?
テンプレートを表示

源 師賢(みなもと の もろかた)は、平安時代中期から後期にかけての貴族歌人宇多源氏参議源資通の長男[1]官位正四位下左中弁

経歴[編集]

叙爵後、少納言を経て康平6年(1063年)に後冷泉天皇五位蔵人に補任される(当時の位階正五位下)。同年12月には右少弁に任ぜられ、以後弁官の道を進むこととなる。治暦4年(1068年)に後冷泉天皇が崩御して後三条天皇が即位するが、引き続き五位蔵人に補せられた。さらに左少弁に昇任し木工頭を兼任。延久3年(1071年)には斎宮長官も兼ねた。

延久6年(1074年)に安芸権介を兼帯し、承保2年(1075年従四位下・権右中弁に叙任される。承保3年(1076年)に従四位上、承保4年(1077年)には正四位下・権左中弁になり、承暦4年(1080年)には左中弁、さらに白河天皇蔵人頭に補任されて修理右宮城使を兼ねるなど順調に昇進を重ねるが、その7か月後の永保元年(1081年)7月2日、卒去。享年47。最終官位は蔵人頭左中弁正四位下(兼木工頭修理右宮城使)。

弟・政長と共に宇多源氏の家業である管弦の道を継いで、和琴の名手として知られた。また、歌人として名を挙げ、『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に16首が入る[2]

官歴[編集]

  • 時期不明:正五位下・少納言
  • 康平6年(1063年
    • 4月17日:五位蔵人に補す。
    • 12月8日:右少弁に任ず。
  • 治暦4年(1068年
    • 4月19日:五位蔵人に補す。
    • 12月17日(1069年1月12日):左少弁に進み、木工頭を兼ぬ。
  • 延久3年(1071年)4月26日:斎院長官を兼ぬ。
  • 延久4年(1072年)4月-:斎院長官を辞す。
  • 延久6年(1074年)正月28日:安芸権介を兼ぬ。
  • 承保2年(1075年
    • 6月13日:権右中弁に転ず。
    • 12月15日(1076年1月23日):従四位下に昇叙(造宮賞)。
  • 承保3年(1076年)正月22日:従四位上に昇叙(先朝行幸平野行事賞)。
  • 承保4年(1077年)正月6日:正四位下に昇叙(平野行事賞)。10月3日:権左中弁に転ず。
  • 承暦4年(1080年)
    • 8月22日:左中弁に転ず。
    • 12月6日(1081年1月18日):蔵人頭に補す。
  • 承暦5年(1081年)正月22日:修理右宮城使に任ず。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『弁官補任』『蔵人補任』は次男とする。
  2. ^ 『勅撰作者部類』。
  3. ^ あるいは源顕房の娘ともいう。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年