源恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源恵
時代 平安時代前期
生誕 不詳
死没 延長9年(931年
別名
官位 正五位下右衛門権佐
主君 醍醐天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源弼、母:不詳
兄弟 、大輔
不詳
テンプレートを表示

源 恵(みなもと の ほどこす)は、平安時代前期の貴族歌人。名はとも記される。嵯峨源氏大納言源弘の孫。但馬守源弼の長男。官位正五位下右衛門権佐

経歴[編集]

主殿助を経て、延喜8年(908年従五位下信濃守に叙任される。延喜15年(915年)治国の功労により従五位上に叙せられ、伊豆守に任ぜられる。

延喜20年(920年治部大輔に任ぜられ京官に復すが、延喜21年(921年山城守を兼ね、延長元年(923年右衛門権佐に遷任するが、引き続き山城守も務めた。延長4年(926年)伊豆山城両国の治国の功労により正五位下に叙せられると、延長6年(928年丹波守に任ぜられるなど醍醐朝にて主に地方官を歴任した。朱雀朝の延長9年(931年卒去

勅撰歌人として、『古今和歌集』に和歌作品1首が採録されている[1]

官歴[編集]

『古今和歌集目録』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

  • 父:源弼
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:源洽

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』